機能一覧

機能一覧

■ 翻訳機能

自動翻訳

機械翻訳システムを利用した翻訳方法。

プロ翻訳

管理画面から、プロの翻訳者に翻訳依頼をすることができる翻訳方法。
ネイティブの方にも違和感なく伝わる文章を作成することができます。依頼費用は別途見積となります。

セルフ翻訳

自動翻訳されたテキストを、サイトオーナー自身で編集する翻訳方法。

コンテンツ編集機能

翻訳することで変わった文字数などによるレイアウト崩れの調整など、管理画面から対象のページのCSSとHTMLを編集・追加することで対応できる機能。
翻訳したページのリンク先の変更も行うことができ、言語毎の簡単なローカライズ対応が可能です。
コンテンツ編集機能の利用方法はこちらからご確認ください。

画像置換

多言語化対応用の画像をご用意いただき、言語に合わせて画像を置換する機能。

META/ALT翻訳

検索エンジン対応の際に必要となる、META/ALT文についても翻訳対象。

辞書登録機能

商品名、住所などの固有名詞や業界特有の単語などをあらかじめ登録し、自動翻訳結果に上書きして表示する機能。CSV形式で一括アップロードいただくこともできます。
辞書登録機能の設定方法はこちらからご確認ください。

■ページ設定機能

単一/一括ページ設定機能

翻訳対象ページに関する、言語の表示非表示、ページ名、タグ付けなどの設定。
単一ページ設定:ページ設定機能の設定方法はこちら
一括ページ設定:ページ設定機能の設定方法はこちら

 

自動ページ公開・登録・削除機能

翻訳対象ページの自動翻訳公開・自動登録・自動削除機能・
自動公開機能と自動登録機能を併用することで、新しく作成したページや更新されたテキストをshutto翻訳の管理画面に自動登録し、リアルタイムにテキストを機械翻訳し、その翻訳文をサイト上に反映させることができます。

– 自動ページ公開機能の設定方法

自動ページ公開機能の設定方法では、Webサイト上で更新されたテキストをshutto翻訳側で探知し、リアルタイムに機械翻訳結果を反映することができます。

自動ページ公開機能の設定方法はこちら


– 自動ページ登録機能

ページ自動登録機能では、管理画面から翻訳対象ページを1ページずつ登録せずに自動的にページ登録をすることができます。

自動ページ登録機能の設定方法はこちら

 

自動ページ削除機能

一定期間アクセスされないページを自動で削除することができます。ECサイト等の大規模のサイトに最適な機能となっています。
自動ページ削除機能の設定方法はこちら

 

■ 便利機能

Googleアナリティクス連携機能

shutto翻訳をGoogleアナリティクスと連携させる機能。
多言語化したときのセッション数やPV数をGoogleアナリティクス上で確認することが可能です。
Googleアナリティクス連携の利用方法はこちら

 

海外検索エンジン対応機能

多言語対応したページを海外向け検索エンジンにインデックスさせるための機能。
海外検索エンジン対応機能の利用方法はこちら

 

権限管理機能

権限を切り分けて、スタッフを登録する機能。
社内にて翻訳業務を分担する場合や、翻訳専門業者やクラウドソーシングに依頼する場合にご活用ください。
権限管理機能についてはこちら

 

言語切り替えバー 表示位置変更

shutto翻訳標準仕様の言語切り替えバーの表示位置を調整する機能。

 

言語切り替えバー デザインカスタマイズ

言語切り替えバーをお客様のお好みのデザインでウェブサイト内に設置できる機能。
言語切り替えバーのデザインカスタマイズ方法はこちら

 

初回表示言語設定機能

閲覧者が初めてサイトを訪れた際に、表示する言語の設定機能。
「ブラウザ設定言語」を選択すると、閲覧者の設定に合わせた言語での翻訳表示となり、「対応言語」を選択すると、閲覧者の「ブラウザ設定言語」に関係なく、指定の言語で翻訳表示をすることとなります。
初回表示言語設定機能についてはこちら

 

■ プレビュー機能

 

デバイスプレビュー

各デバイス(PC、タブレット、スマートフォン)ごとの多言語対応後のサイトの表示を編集画面で確認できる機能。

 

ブラウザプレビュー

Google Chromeの機能拡張ツールを使うことで、shutto翻訳の導入タグをWebサイトに入れなくても実際のブラウザで翻訳設定後の表示内容を確認することができる機能。
Google Chrome 機能拡張ツールのダウンロードはこちら

 

 

TOPへ