複雑なシステム連携が不要ですぐに導入可能!

様々な顧客に向けて
LINEメッセージを最適化

LINEユーザーの様々な属性に最適化したメッセージを配信できる
LINEメッセージ配信ツール“KANAMETO”。
導入から活用まで徹底サポートいたします。

LINE公式アカウント×KANAMETO

1to1マーケテイングを実現し
LINEユーザとのエンゲージメントに貢献

LINE@とKANAMETOを連携することで、「セグメント配信(LINEユーザの属性に合わせたメッセージ配信)」と「1:1トーク(1対1のチャットコミュニケーション)」を一元管理で使用できます。複雑なシステム連携が不要のため、貴社のLINE@プロ(API)アカウントがあれば、すぐに導入できます。KANAMETOを通じて、店舗・Webサイトへの誘導や顧客とのより密なコミュニケーションを行うことで、LINEユーザと貴社とのエンゲージメントに貢献します。

KANAMETOのセグメント配信でできること

KANAMETOの仕組み

KANAMETOの仕組み

LINEユーザが貴社LINE@アカウントを「友だち追加」すると、自動でアンケート付きのウェルカムメッセージを送信します。LINEユーザがアンケートに回答すると、そのデータをもとにして各セグメントごとに適したメッセージを配信できます。
また、「KANAMETO TALK」を使用することで、LINEユーザと1対1のチャットができるため、顧客サポートや接客など、より最適化したコミュニケーションが可能となります。

機能概要

セグメント配信

LINEユーザーの嗜好に合わせて最適な情報を配信。テキスト、画像、リッチメッセージ、リッチメニューなど様々なコンテンツを日時予約配信可能。

トーク

LINEユーザーの問い合わせに対して有人チャット対応。オペレーター単位で担当者設定や、トーク内容のログ管理、タグ付けなどチャットサポート機能が充実。

チャットボット

LINEユーザーの問合せに対してシナリオ分岐で該当するヘルプページへ誘導。解決しない場合には、シナリオ分岐結果を引き継いで有人チャット対応へ接続。

アンケートフォーム

LINEユーザーの属性を取得するフォームを自動生成。単一/複数回答、フリーアンサーなどの設問を自由に設定、会員登録やキャンペーン応募フォームとして活用。

自動応答メッセージ

LINEユーザーのアクションに応じて自動でメッセージ送信。友だち追加時、指定キーワード発言時など、アクション別に回答内容を設定。

統計情報

メッセージ配信状況、アンケートデータ、トークログの確認/出力。LINEユーザーの友だち追加/ブロック状況やアンケート回答されたデータ、送受信したメッセージなどあらゆる情報をチェック。

防災メール連携

防災メールの内容を自動でLINEメッセージ配信。防災・安全情報をLINEメッセージでセグメント配信できます。

for Salesforce

Salesforceと連携しLINEをCRMのチャネルへ統合。LINEチャット対応の履歴・業務管理をSalesforceで実現します※別途Salesforceの契約が必要です。

料金表

メッセージ配信や顧客データ数に応じた従量課金は一切無く、月額固定費用で利用可能です。

プラン名税抜税込
初期費用  70,000円77,000円
月額費用  70,000円~77,000円~
オプションプラン
以下のオプションをご用意しております。

KANAMETO for Salesforce

要問合せ

防災メール連携

要問合せ

  • 申込日から契約開始までの期間が無料となります。
  • KANAMETOの料金にはLINE公式アカウントの関連費用は含まれません。
  • LINE公式アカウントについて詳しく知りたい場合はこちら

お申し込みの流れ

お申し込み

まずはお申し込みフォームよりご連絡ください。

STEP 01

各アカウント取得

LINE公式アカウント、KANAMETOアカウントを順にご契約いただきます。

STEP 02

連携

取得いただいたアカウントを連携させます。

STEP 03

初期設定

運用開始

KANAMETOの運用が開始されます。表示されていることを確認してください。
  • ※ LINE公式アカウントの契約は、別途対応が必要です。

サービスに関するご質問は、お気軽にお問い合わせください。

KANAMETOに関する資料のダウンロード、ご質問・ご相談・オンライン商談等はこちらから

LINE 及び LINE公式アカウント はLINE株式会社の商標または登録商標です。KANAMETOは LINE株式会社が提供する LINE Messaging API を利用しています。

TOPへ