ご利用マニュアル

自動ページ登録機能の設定方法

自動ページ登録機能とは

shutto翻訳導入タグをWebサイトに挿入するだけで、管理画面から翻訳対象ページを1ページずつ登録せずに自動的にページ登録をすることができます。大規模サイトなど、ページ数の多いサイトの多言語対応に便利な機能です。

仕様について

shutto翻訳導入タグが挿入されていて、かつ管理画面から自動登録機能を有効にしている対象ページに対し、ユーザーがブラウザで対象ページにアクセスすると自動的にshutto翻訳管理画面に対象ページが登録されます。

1. 管理画面の設定を行う

① 左メニューの「サイト設定」より、自動公開・自動ページ登録の「変更」ボタンをクリックします。

 

② 「アクセスがあったページを自動登録する」にチェックします。

 

③ 自動登録するページの適応条件を指定します。

・ドメインを指定:ドメインが一致したページのみをページ自動登録の対象とすることができます。

 

例えば、https://www.submit.ne.jp/shutto-translationというサイトのドメインを指定する場合、該当するドメイン部分はwww.submit.ne.jpになります。
尚、入力内容が適合しない場合は「設定の保存に失敗しました」というエラー文言が表示されますので、入力に間違いがないか、再度ご確認をお願いいたします。

 

・URLを指定:指定したURLもしくはディレクトリを含むページを自動登録の対象とすることができます。

・サイト全体:全Webサイトの全ページをページ自動登録の対象とすることができます。

 

 

④自動登録されるページの初期設定条件を選択します。

・URLが一致(クエリパラメータを除く):?以降を除いたURLが一致

例えば、https://www.submit.ne.jp/shutto-translation/products/list.php?category_id=33というURLにユーザーがアクセスすると、クエリパラメータを除いたURLであるhttps://www.submit.ne.jp/shutto-translation/products/list.phpに一致するすべてのページがshutto翻訳のページ自動登録対象となります。

・URLが一致(クエリパラメータを含む):?以降を含めたURLが一致

同様に、https://www.submit.ne.jp/shutto-translation/products/list.php?category_id=33というURLにユーザーが
アクセスすると、クエリパラメータであるcategory_id=33を含むURLであるhttps://www.submit.ne.jp/shutto-translation/products/list.php?category_id=33に一致するページがページ自動登録の対象となります。

 

 

 

⑤ 「変更」ボタンをクリックします。

 

 

 

2. 管理画面に対象ページが自動登録されることを確認する

 

① 1 で設定した対象ページにブラウザでアクセスします。

この際、対象ページにshutto翻訳導入タグが入っていることを確認してください。導入タグが入っていないとページ自動登録機能が適用されません。

 

 

② 管理画面に1で設定した対象ページが登録されていることを確認します。

 

 

関連するマニュアル

CSVファイルによるページ一括登録方法について

CSVページ一括登録とは導入するサイトのURLページ一覧としてまとめたCSVファイルを...

自動ページ公開機能の設定方法

自動ページ公開機能とは Webサイト上で更新されたテキストをshutto翻訳側で探知し、...

自動ページ削除機能の設定方法

自動ページ削除機能とはshutto翻訳タグが導入されたWEBサイトにおいて、一定期間ア...

言語切り替え時に中間ページに遷移する機能のご利用方法

shutto翻訳にご登録いただいているサイトの言語切り替えをする際に、「このウェブサイト...

関連するよくあるご質問

SSLページには対応していますか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

ページを自動登録し、翻訳文を自動公開することはできますか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

ページ上限数を超えた場合はどうなりますか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...
TOPへ