ご利用マニュアル

自動ページ削除機能の設定方法

自動ページ削除機能とは

shutto翻訳タグが導入されたWEBサイトにおいて、一定期間アクセスされないページを自動的に削除することができます。管理画面上のページ数を自動で調整してくれるため、上限ページ数を節約することが可能です。

仕様について

shutto翻訳の管理画面へページが登録されたときを起点として、2か月以上アクセスがなかった場合に対象ページが自動的に削除されます。ご利用いただく場合、コンテンツ編集機能を利用しているページが該当のページにしか設定がない場合はコンテンツ編集機能の設定が消えてしまうため、ご注意ください。
例えば、利用の途中でこの機能を有効にした際、すでに2ヶ月以上前にアクセスがあったページが登録されている場合、該当ページは削除されます。削除対応は、即時反映となるわけではなく、1日1回深夜に実行される仕様となっております。

 

 

1. 管理画面の設定を行う

① 左メニューの「サイト設定」より、自動公開・自動ページ登録の「変更」ボタンをクリックします。

 

 

② 「2ヶ月間アクセスのないページを自動削除する」にチェックします。

 

 

2.ページが削除されたことを確認する

① 通知画面もしくはダッシュボードにて、登録ページが減っていることを確認する。

管理画面上のベルマークの通知部分にて、「ページを削除する1週間前」「ページの削除を行ったとき」に通知が行われます。そのため、通知画面にて該当ページが削除されたことを確認するか、ダッシュボード上の「登録ページ数」にてページが減っていることをご確認ください。

 

 
 

関連するマニュアル

一括設定:複数選択機能について

1つの設定で複数ページの翻訳設定を適用することが可能です。翻訳を公開したり、削除すること...

CSVファイルによるページ一括登録方法について

CSVページ一括登録とは導入するサイトのURLページ一覧としてまとめたCSVファイルを...

自動ページ登録機能の設定方法

自動ページ登録機能とはshutto翻訳導入タグをWebサイトに挿入するだけで、管理画面...

URLの正規化(canonical属性タグ)について

URLの正規化とはshutto翻訳では、複数のURLで同じページにアクセス可能な場合、...

関連するよくあるご質問

多言語対応が行えないコンテンツはありますか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

SSLページには対応していますか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

ページを自動登録し、翻訳文を自動公開することはできますか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

セルフ編集時、各ページ共通のテキストや画像は都度ページごとに翻訳、画像置換を行う必要がありますか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...
TOPへ