ご利用マニュアル

futureshopでの導入方法

はじめにご確認ください

このページでは、「futureshop」を利用して構築しているECサイトに、「shutto翻訳」を導入する方法をご紹介しています。

※futureshopの「commerce creator(コマースクリエーター)」をご利用のお客様はこちらをご参照ください。
※futureshopをご利用でないお客様はこちらをご参照ください。

翻訳対象外のページについて

futureshopの仕様上、以下へのshutto翻訳導入タグの反映は行えず、翻訳はされませんのであらかじめご了承ください。

  • ご購入手続き画面(お客様情報入力画面~注文完了画面 のすべて)
  • ログインページ
  • マイページ(マイページでの閲覧が必要な全てのページ)
  • パスワード再設定画面

なお、越境販売をご検討の場合は、別の方法によるご案内が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

shutto翻訳のご利用にあたって

shutto翻訳をご利用いただくには、shutto翻訳でアカウントを作成のうえ、以下の作業が必要です。

  1. 管理画面へのページ登録
  2. お客様のサイトへの導入タグの設置

このページでは主に、「2.お客様のサイトへの導入タグの設置」を行う方法をご紹介します。
「管理画面へのページ登録」方法は、こちらをご確認ください。

 

導入タグの取得方法

  1. shutto翻訳にログインし、左サイドメニューから「サイト設定」を選択してください。
  2. 「導入タグ」に記載のJavaScriptタグが、shutto翻訳の導入タグです。※ご利用アカウント毎に異なります。
    image-png-Dec-17-2021-01-55-52-91-AM_2022
  3. 2で確認した導入タグを、導入したいサイトのfutureshop管理画面に設置しshutto翻訳を導入します。

 

トップページへの導入方法


futureshopをご利用の場合(「commerce creator(コマースクリエーター)」をご利用でない場合)、トップページはfutureshop以外の方法で作成されています。そのため、トップページには、直接導入タグを設置する必要があります。

 

トップページのheadタグ内に、導入タグの取得方法で確認した導入タグを埋め込みます。
デバイスごとにソースコードが異なる場合は、全デバイス用のソースコードのheadタグに埋め込みを行います。(Googleタグマネージャを利用して、shutto翻訳タグを一元管理することもできます。)


※ ご自身でウェブサイトを管理されていない方は、ウェブサイトを管理されている方に作業をご依頼ください。
※ 別途CMS等をご利用のお客様で、設置方法がご不明な場合は、お手数ですがご利用のサービス提供元へご確認ください。

futureshopでの導入方法

ここでは、futureshop管理画面を利用した、導入タグ設置方法の基本設定をご紹介します。

futureshopの管理画面にログインして作業を行ってください。

1.測定タグにshutto翻訳の導入タグを設定する

(1)「構築」>「 プロモーション管理」に進み、「任意測定タグ設定」ボタンを押下します。

(2)「任意測定タグ 新規登録」ボタンを押下します。

FS_2022_1

(3)「測定タグ設定」配下「全体出力設定」の「各ページの出力設定を有効にする」にチェックを入れ、「設定名」に任意の名前を設定します。

※「共通出力」ではなく各ページ(画面内「共通出力」以下にある「トップページ」等)に個別設定もいただけます。FS_2022_2

(4)「共通出力」配下「出力設定」の「<head>タグ内に出力する」にチェックを入れ、「出力内容」にshutto翻訳の管理画面からコピーした「導入タグ」を貼り付けます。

FS_2022_3

(5)ページ最下の「登録」ボタンを押下します。

FS_2022_4

 

↓必ず設定をご確認ください。  

canonical属性タグを使用したURLの正規化設定

URLの正規化設定が必要な理由

futureshopでは、1つの商品に対して複数のカテゴリーを設定しているとき、カテゴリーごとにURLが生成されます。そのため、1つの商品ページのURLがカテゴリーの数だけ生成されます。

しかしshutto翻訳では、異なるURLは、それぞれ異なるページとしてシステムが認識し、料金体系における「ページ数」としても換算されます。(料金表はこちらをご参照ください。)

さらに、カテゴリーごとに生成された商品ページのURLをすべて翻訳対象にしてしまうと、「本来翻訳したいページが翻訳されない」などの問題が生じる場合があります。

これらを回避するために、shutto翻訳の機能「URLの正規化」設定を有効にしてご利用ください。
この設定を行うことで、canonicalタグが向けられているURLのページのみをダッシュボードに登録し、重複ページについても翻訳を適用することが可能となります。(shutto翻訳のURLの正規化仕様についてはこちらをご参照ください。)

1.shutto翻訳上で、URLの正規化を有効にする

①shutto翻訳の管理画面で、「サイト設定」を選択し、「URLの正規化」の「変更」ボタンを選択します。

image-png-Dec-15-2021-09-49-09-75-AM_2022

②「<link rel="canonical"> タグを使用する」のチェックボックスにチェックを入れて「変更」します。

canonical2_2022-1

2.futureshopの管理画面にcanonicalタグを設置する

futureshopの仕様上、ページの種類ごとにcanonicalタグの自動出力有無が異なります。
ご希望に合わせて、ご利用の判断を行ってください。

  • 商品ページ >> futureshop上で自動でcanonicalタグが出力され、設置されています。

https://{shopKey}.future-shop.jp/fs/{shopKey}/groupA/gd418 の場合は
https://{shopKey}.future-shop.jp/fs/{shopKey}/gd418 がcanonicalタグのhrefに出力されます。

  • 商品グループや検索結果のページ >> ページング含め、自動出力対象外です。別途手動設定が必要となります。

商品グループに関する情報は出力されないため、商品グループごとに検索結果およびページング分のページURLが生成されます。
ページ数に懸念がある場合は、以下の手順でcanonicalタグの設置を行ってください。

①「構築」 > 「プロモーション管理」 > 「任意測定タグ」に進みます。

②「任意測定タグ 新規登録」ボタンを選択します。

③「商品一覧ページ」の「出力設定」で、「<head>タグ内に出力する」を選択します。

④「出力内容」に、以下のcanonicalタグを設置します。

<link rel="canonical" href="http://{shopKey}/fs/{shopKey}/c/$GOODS_GROUP_URL$">

■注意事項

「バンドル販売一覧」「クーポン対象商品一覧」「検索結果ページ」は、$GOODS_GROUP_URL$の置換文字が効かないため「空」となります。

▼本来の正規表現
href="http://{shopKey}/fs/{shopKey}/b/ バンドル販売URLコード

▼$GOODS_GROUP_URL$の置換文字が効かないため「空」の状態
href="http://{shopKey}/fs/{shopKey}/b/

そのため、バンドルやクーポン対象商品の設定を利用している店舗さまは、すべてのバンドル商品一覧が正規化され、shutto翻訳のページ登録や、検索エンジンの評価http://{shopKey}/fs/{shopKey}/b/ に集約されますのでご注意ください。

 

shutto翻訳の設定

ドメイン配下の翻訳可能ページに導入タグが設置されました。

shutto翻訳で翻訳設定を確認後、翻訳公開を行い運用を開始してください。

この後は、shutto翻訳の管理画面に翻訳をしたいページ登録し、公開いただくことで翻訳設定の反映が可能です。
登録や設定方法は、下記マニュアルページをご参考ください。

▼翻訳設定方法

https://www.submit.ne.jp/shutto-translation/helpcenter/manual/translation_settings

 

▼自動的にページを取得して公開したい場合はこちらもご参考ください

・自動ページ登録:https://www.submit.ne.jp/shutto-translation/helpcenter/manual/autoregistration

・自動翻訳公開:https://www.submit.ne.jp/shutto-translation/helpcenter/manual/autoreflection

 

 

※「futureshop」は、株式会社フューチャーショップが提供するSaaS型ECサイト構築プラットフォームです。
※「futureshop」の詳細なご利用方法は、株式会社フューチャーショップさまにお問い合わせください。

関連するマニュアル

futureshopコマースクリエーターでの導入方法

タグ一行で自動翻訳ができる「shutto翻訳」で、ECショップを多言語対応しませんか?株...

ebisumartでの導入方法

「ebisumart」を利用して構築しているECサイトに、「shutto翻訳」を導入する...

makeshopでの導入方法

「makeshop」を利用して構築しているECサイトに、「shutto翻訳」を導入する方...

カラーミーショップでの導入方法

「カラーミーショップ」を利用して構築しているECサイトに、「shutto翻訳」を導入する...

関連するよくあるご質問

多言語化したページURLにサブドメインやディレクトリを付けることは可能でしょうか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

開発環境のサイトも翻訳できますか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

動画の字幕も翻訳できますか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

ページを自動登録し、翻訳文を自動公開することはできますか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...
TOPへ