ご利用マニュアル

URLの正規化(canonical属性タグ)について

URLの正規化とは

shutto翻訳では、複数のURLで同じページにアクセス可能な場合、別々のページとして認識されます。そのため、rel=”canonical” タグを使用することで、このように重複したページを1つのページとして統合を行うことができます。

仕様について

デフォルトではURLの正規化は「タグを使用しない」となっております。URLの正規化を行う場合は、設定を有効にしてご利用ください。
また、rel=”canonical” タグはGoogleのクローラにも影響があるのでご注意ください。

 

設定方法1. 管理画面の設定を行う

① 左メニューの「サイト設定」より、URLの正規化の「変更」ボタンをクリックします。

 

 

② 「 タグを使用する」にチェックを入れ、「変更」ボタンをクリックする。

 
 

関連するマニュアル

CSVファイルによるページ一括登録方法について

CSVページ一括登録とは導入するサイトのURLページ一覧としてまとめたCSVファイルを...

自動ページ削除機能の設定方法

自動ページ削除機能とはshutto翻訳タグが導入されたWEBサイトにおいて、一定期間ア...

Googleタグマネージャーの設定について

shutto翻訳にてGoogleタグマネージャーを利用する場合のご利用方法について、ご案...

翻訳対象タグと属性について

翻訳対象タグについてshutto翻訳では基本的にすべての翻訳を行えますが、一部翻訳の対...

関連するよくあるご質問

多言語化したページURLにサブドメインを付けることは可能でしょうか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

導入タグは、どこに設置するのでしょうか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

Google Tag Managerなどのタグ管理ツールを利用してshutto翻訳のタグを配信するできますか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...
TOPへ