ご利用マニュアル

URLの正規化(canonical属性タグ)

URLの正規化とは

shutto翻訳では、複数のURLで同じページにアクセス可能な場合、それぞれのページを別々のページとして認識します。そのため、rel=”canonical” タグをサイトのHTMLに記述することで、このように重複したページを1つのページとして統合を行うことができます。

仕様について

shutto翻訳の設定は、デフォルトの状態ではURLの正規化は「タグを使用しない」となっております。
shutto翻訳上でURLの正規化を使用する場合は、設定を有効にしてご利用ください。
こちらを有効にすると、canonicalタグが向けられているURLのページをダッシュボードに登録することで、重複ページについても翻訳を適用することが可能です。重複するコンテンツが異なるURLとして存在し、サイトにcanonicalタグを記述することが問題ない場合に、こちらの機能のご利用をご検討ください。

※何等かプラットフォームをご利用の場合は、各プラットフォーマー様にご確認ください。

canonicalタグとは

canonical(カノニカル)タグとは、HTMLタグの1つで、複数存在する同じコンテンツのページのURLを正規化(1つに統一)するために使用します。
利用される目的としては、重複コンテンツを解消するため、リンクの評価を集約するためということが挙げられます。同じコンテンツがURLが違って存在する場合に、canonicalタグでURLを正規化することでクローラーに対して、最も重要なURLを伝えることができるようになります。

URLの正規化が必要となるケース

  • index.htmlやwwwの有無がある場合
  • ECサイトで色違い・サイズ違いなどの類似した商品ページがある場合
  • 広告などを経由してきたランディングページを設定している場合

 

設定方法1. 管理画面の設定を行う

① 左メニューの「サイト設定」より、URLの正規化の「変更」ボタンをクリックします。

canonical

 

 

② 「 タグを使用する」にチェックを入れ、「変更」ボタンをクリックする。

canonical2_2022
 

設定方法2.サイトにHTMLを追記する

①重複ページのheadタグ内にcanonicalタグを記述する

 重複するページのheadタグ内に下記のように記述をお願いいたします。
 
<head>
<link rel=”canonical” href=”http://www.〜” />
</head>

「href=”http://www.〜」の部分は、正規のページのURLを記述します。
※URLについては絶対パスでの記述をお願いいたします。
※リンクさせるURLは1つだけにしてください。

関連するマニュアル

一括設定:複数選択機能について

1つの設定で複数ページの翻訳設定を適用することが可能です。翻訳を公開したり、削除すること...

コンテンツ編集機能

shutto翻訳のコンテンツ編集機能では、管理画面から対象のページのコンテンツを編集する...

ドメイン変更機能の利用方法

ドメイン変更機能とは登録したページのドメインを一括で変更することができる機能です。例...

CSV一括登録機能

多言語化するページのURLをCSVファイル形式で事前にインポートすることで、手動によるペ...

関連するよくあるご質問

セルフ翻訳と辞書登録機能の違いを教えてください。

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

導入タグは、どこに設置するのでしょうか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

開発環境のサイトも翻訳できますか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...
TOPへ