ご利用マニュアル

Googleタグマネージャーの設定について

※あくまでもアカウントがあり、ワークスペースがある状態での設定方法となります。
 タグマネージャーの導入はこちらよりご確認ください。

1. Googleタグマネージャーを開き、トリガーをクリックする

 

2.新規ボタンをクリックし、トリガーを作成する

①新規ボタンをクリックする

※全てのページに設定する場合

①ページビューを選択する
②すべてのページビューを選択する
③名前を変更する
④保存を行う

 

※ディレクトリごとに設定する場合

①ページビューを選択する
②一部のページビューを選択する
③ページパス、前方が一致を選択、「/ディレクトリ」を入力する
④名前を変更する
⑤保存を行う

 

 

3.タグを作成する

①タグをクリックし、新規ボタンをクリックする

②カスタムHTMLタグを選択し、HTML部分にshutto翻訳タグを設定する

③作成したトリガーを設定し、タイトルを変更する

※ここでのトリガーは「サンプル」が選択されています

④保存を行う

 

4.ワークスペースでの変更を「公開」をクリックし、公開する

 

5.GTMタグを導入サイトのheadおよびbody内に設置する

①GTMのID部分をクリックする

②GTMタグを表示し、導入サイトの該当部分に設置を行う

 
 

関連するマニュアル

URLの正規化(canonical属性タグ)について

URLの正規化とはshutto翻訳では、複数のURLで同じページにアクセス可能な場合、...

shutto翻訳のGoogle Chromeの拡張機能について

拡張ツールについてshutto翻訳ではGoogle chromeの拡張機能を提供してい...

翻訳対象タグと属性について

翻訳対象タグについてshutto翻訳では基本的にすべての翻訳を行えますが、一部翻訳の対...

導入サイトで翻訳が実行されない場合

shutto翻訳をご利用の上で、導入サイトにて翻訳が実行されない場合の注意点について、ご...

関連するよくあるご質問

導入タグは、どこに設置するのでしょうか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

Google Tag Managerなどのタグ管理ツールを利用してshutto翻訳のタグを配信するできますか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

設定を行ったのに翻訳が反映されません。原因はなんでしょうか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...
TOPへ