ご利用マニュアル

Googleタグマネージャーの設定について

※あくまでもアカウントがあり、ワークスペースがある状態での設定方法となります。
 タグマネージャーの導入はこちらよりご確認ください。

1. Googleタグマネージャーを開き、トリガーをクリックする

 

2.新規ボタンをクリックし、トリガーを作成する

①新規ボタンをクリックする

※全てのページに設定する場合

①ページビューを選択する
②すべてのページビューを選択する
③名前を変更する
④保存を行う

 

※ディレクトリごとに設定する場合

①ページビューを選択する
②一部のページビューを選択する
③ページパス、前方が一致を選択、「/ディレクトリ」を入力する
④名前を変更する
⑤保存を行う

 

 

3.タグを作成する

①タグをクリックし、新規ボタンをクリックする

②カスタムHTMLタグを選択し、HTML部分にshutto翻訳タグを設定する

③作成したトリガーを設定し、タイトルを変更する

※ここでのトリガーは「サンプル」が選択されています

④保存を行う

 

4.ワークスペースでの変更を「公開」をクリックし、公開する

 

5.GTMタグを導入サイトのheadおよびbody内に設置する

①GTMのID部分をクリックする

②GTMタグを表示し、導入サイトの該当部分に設置を行う

 
 

関連するマニュアル

ドメイン変更機能の利用方法について

ドメイン変更機能とは登録したページのドメインを一括で変更することができる機能です。例...

スタッフ作業権限切り分け登録

スタッフの権限切り分け機能について機能についてスタッフごとに権限を切り分けて、翻訳機...

shutto翻訳のGoogle Chromeの拡張機能

拡張ツールについてshutto翻訳ではGoogle chromeの拡張機能を提供してい...

導入サイトで翻訳が実行されない場合

shutto翻訳をご利用の上で、導入サイトにて翻訳が実行されない場合の注意点について、ご...

関連するよくあるご質問

セルフ翻訳と辞書登録機能の違いを教えてください。

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

ページ上限数を超えた場合はどうなりますか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

shutto翻訳のセキュリティについて教えてください。

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

言語切り替えバーで、サイトの表示を切り変えることができません。なぜでしょうか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...
TOPへ