機能一覧

自動翻訳機能

ページ内のテキストを機械翻訳により自動で翻訳する機能です。

  • 機械翻訳エンジンは、Google翻訳APIを利用しています。
  • 言語は100言語以上の対応言語から選ぶことができます。

ポイント

  • ページ内の更新箇所も自動で追加翻訳され、翻訳結果がリアルタイムに表示されます。 
    ※更新内容をリアルタイムに反映するには、自動公開を有効化してください。
  • 辞書をご利用いただければ、登録された辞書単語を参照して機械翻訳が行われます。
  • 機械翻訳の結果は直接編集(セルフ翻訳)や、プロによる再翻訳(プロ翻訳)も可能です。あわせてご活用ください。

意点

翻訳できないコンテンツ

翻訳精度

  • キャッチコピーや企業理念など文章によっては機械翻訳だけでは難しい表現があります。そのため、人力による「プロ翻訳」や「セルフ翻訳」をあわせてご活用ください。

文字数上限と文字数カウントについて

  • プランごとに、ひと月あたりの新規翻訳可能な文字数に上限があります。

    文字数は言語ごとにカウントされます。

    例えば「りんご」というテキストが英語に翻訳された際には3文字、さらに韓国語に翻訳された際にも3文字としてカウントされます。 (サイトの元言語でカウントします)

  • 新規で翻訳が行われた際にのみ文字数はカウントされます。

    カウントされるのは、新規翻訳時の一度のみです。翌月以降はテキストが変更されない限りカウントされません。月が変わるとカウントは0に戻り、新たに翻訳された分のみカウントされます。

  • 文字数の上限を超えると、翻訳できなかったテキストは元言語で表示されます。

    各プランごとに設けられた文字数上限を超えると、その月はそれ以上翻訳ができなくなります。翻訳されなかったテキストは元の言語で表示されます。(翻訳済みのテキストは翻訳が表示されます)

「りんご」と「りんごは美味しい」は異なるテキストとして扱われます。

「りんご」(3文字)というテキストと「りんごは美味しい」(8文字)というテキストは異なるテキストとして、それぞれに機械翻訳が行われます。
(テキストは元サイトのHTMLのタグを参照して区切られます)

複数個所に同一テキストがあった場合、文字数カウントされるのは一回のみです。

「りんごは美味しい」(8文字)というテキストが複数個所にあった場合でも、同じ翻訳結果が表示されます。そのため、複数のページにテキストが存在していても、翻訳文字数としてカウントされるのは一度のみです。

 

マニュアル

TOPへ