機能一覧

ダッシュボード

ダッシュボード画面

shutto翻訳管理画面のダッシュボードについて、ご案内します。

翻訳・編集機能

自動翻訳機能

shutto翻訳では、ページ内のテキストを機械翻訳により自動で翻訳することができます。言語は100言語以上の対応言語から選択可能です。翻訳表示は閲覧者がページを訪問した際に、ページ内のテキストを収集して翻訳結果を表示するため、更新箇所の翻訳もリアルタイムに行われます。

セルフ翻訳

セルフ翻訳では、機械翻訳によって自動翻訳されたテキストを編集したり、画像の置換を行うことができます。プレビュー画面を確認しながら変更可能です。ページタイトルやメタディスクリプション、ALTテキストも調整できます。

プロ翻訳

shutto翻訳の管理画面から、プロの翻訳者に翻訳を依頼することができる機能です。翻訳依頼、支払い、納品されたテキストの確認、ウェブサイトへの公開までが、すべてshutto翻訳の管理画面内でできるため、作業コストを大幅に削減できます。

辞書登録機能

辞書登録機能では、社名や商品ブランド名、地名や人名などの固有名詞をあらかじめ「辞書」に登録することができます。単語を辞書に登録すると、辞書を参照して機械翻訳が行われます。

コンテンツ編集機能

コンテンツ編集機能では管理画面から対象のページのコンテンツやレイアウトなど様々な要素をを編集することができます。元言語のページにはない要素や各言語での最適化などを個別に行うことが可能です。

設定

初回表示言語

閲覧者が初めてサイトを訪れた時、どの言語で翻訳表示をするかを設定できます。「ブラウザ設定言語」では、閲覧者のブラウザの設定言語に合わせて翻訳表示を行い、指定した場合は、指定の言語で翻訳表示をすることができます。

言語切り替えバー

shutto翻訳に登録されて翻訳を表示可能なページには、言語を切り替えるバーが自動で表示されます。表示位置を変更したり、バーのデザインをカスタマイズすることも可能です。

自動公開/自動ぺージ登録/自動ぺージ削除

元のサイトでぺージが追加されたり、ぺージ内に更新があった際にも、自動で機械翻訳をかけ、サイトに反映します。一定期間アクセスのないページの自動入れ替えなど、手間を抑えた運用が可能です。

翻訳除外設定

個人情報の挿入箇所など、特定の文章や単語・エリアを翻訳対象から除外する場合は、ウェブサイトのHTMLタグに「 data-stt-ignore 」属性を付与することで翻訳しない(翻訳対象から該当文章を除外する)設定を行うことができます。

URLの正規化(canonical属性タグ)

shutto翻訳では、複数のURLで同じページにアクセス可能な場合、rel=”canonical” タグをサイトのHTMLに記述することで、重複したページの登録を避けることができます。

ページごとの設定

shutto翻訳では、ページ毎に細かく設定を適用することができます。ページ設定が適用される条件の指定やタグの選択、利用言語の有効・無効の選択などが可能となります。複数ページをまとめて設定することもできます。

ドメイン変更機能

登録したページのドメインを一括で変更することができる機能です。開発環境のドメインで登録して検証・編集を行っていたページを、本番環境のドメインに変更したい場合などにご活用ください。

CSV一括ページ登録機能

翻訳する際とのページURLをCSVファイル形式で一括インポートすることで、手動によるページ登録の手間を省き、大量のページを登録することができる機能です。

SEO対策機能

海外SEO対策

翻訳したぺージを検索エンジンに表示されるインデックスされやすくするために、ぺージを生成してドメインを付与することができます。オプションで独自ドメインのご利用も可能です。

その他

Googleアナリティクス連携機能

shutto翻訳では、Googleアナリティクスと連携することで、言語を多言語化したときのサイトの「セッション数」や「PV数」をGoogleアナリティクス上で計測することが可能です。

Google Chromeの拡張機能

shutto翻訳ではGoogle chromeの拡張機能を提供しています。拡張ツールを使うことで、shutto翻訳の導入タグをWebサイトに設置していない場合でも、ブラウザで翻訳後の表示確認を行うことができます。また、認証ぺージ(ログイン後のぺージ)を編集したい場合にも、拡張ツールで登録することができます。

スタッフ管理

shutto翻訳ではスタッフごとに権限を切り分けて、翻訳機能をご利用いただけます。社内にて翻訳業務を分担する場合、また翻訳専門業者やクラウドソーシングに依頼する場合などにご活用ください。
TOPへ