ご利用マニュアル

言語切り替え時に中間ページに遷移する機能のご利用方法

shutto翻訳にご登録いただいているサイトの言語切り替えをする際に、「このウェブサイトは機械翻訳システム使用して翻訳しています。」等の記述をしたページへ遷移させて多言語化したページに遷移させたいときにご活用いただけます。

1.中間ページの作成

言語切り替え時に遷移する先のページを用意します。
中間ページにはshutto翻訳導入タグ、および元のページに戻るボタンを設置し、ボタンのJavaScriptを設置します。

 

※ボタンの記載例:headタグ内

<script>
function pageBack() {
location.href = location.search.match(/(?<=\?from\=)(.*)/)[0];
}
</script>

※ボタンの記載例:mainタグ内

<a href="#" onclick="pageBack()">前のページへ戻る</a>

 
 

2. 遷移用JavaScriptを記述する

画面遷移を実装したいページで、通常のshutto翻訳導入タグの直後に、画面遷移するためのJavaScriptを記述します。

 

■サンプルコード

<script>
__stt.on('selectLang', function(event) {
if (event.lang !== 'ja') {
location.href = '/notice.html' + '?from=' + location.href;
}
});
</script>

3行目 – 日本語を選択した時は画面遷移しないようにする処理です。
  翻訳元言語が日本語以外の場合は ja を置き換えてください。
  日本語:ja 英語:en 中国語:zh 韓国語:ko
  ※その他の言語はお問い合わせください。
4行目 – /notice.html の部分は作成した中間ページのURLに置き換えてください。

 

3.サイト上で翻訳およびボタンの動作を確認をする

言語切替バーで言語を切り替えた際に、中間ページに遷移するか確認し、「前のページに戻る」ボタンを押すことで翻訳後のページに遷移するか動作を確認します。

 

 

 

 

関連するマニュアル

自動ページ登録機能の設定方法

自動ページ登録機能とはshutto翻訳導入タグをWebサイトに挿入するだけで、管理画面...

言語切り替えバーのデザインカスタマイズ方法

言語切り替えバーのデザインカスタマイズ機能とは shutto翻訳では、言語切り替えバーを...

スタッフの権限切り分け機能のご利用方法

スタッフの権限切り分け機能について機能についてスタッフごとに権限を切り分けて、翻訳機...

他の翻訳サービスを導入したサイトからshutto翻訳を導入したサイトへ遷移する機能のご利用方法

利用方法他の翻訳サービスをご利用のページからshutto翻訳でご利用いただいているペー...

関連するよくあるご質問

言語切り替え表示をオリジナルデザインにすることは出来ますか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

多言語化したページURLにサブドメインを付けることは可能でしょうか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

セルフ編集時、各ページ共通のテキストや画像は都度ページごとに翻訳、画像置換を行う必要がありますか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

言語切り替えバーで、サイトの表示を切り変えることができません。なぜでしょうか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...
TOPへ