ご利用マニュアル

言語切り替え時に中間ページに遷移する機能のご利用方法

shutto翻訳にご登録いただいているサイトの言語切り替えをする際に、「このウェブサイトは機械翻訳システム使用して翻訳しています。」等の記述をしたページへ遷移させて多言語化したページに遷移させたいときにご活用いただけます。

1.中間ページの作成

言語切り替え時に遷移する先のページを用意します。
中間ページにはshutto翻訳導入タグ、および元のページに戻るボタンを設置し、ボタンのJavaScriptを設置します。

※ボタンの記載例:headタグ内

<script>
function pageBack() {
location.href = location.search.match(/\?from\=(.*)/)[1];
}
</script>

 

■注意事項

Webページの仕様上、「半角の\(バックスラッシュ)」が「¥」に置き換わって表示されていますが、正しくは以下画像の通りとなります。設定の際は画像をよくご確認の上、誤りがないようご利用ください。

※ボタンの記載例:mainタグ内

<a href="#" onclick="pageBack()">前のページへ戻る</a>

 

 

 

2. 遷移用JavaScriptを記述する

画面遷移を実装したいページで、通常のshutto翻訳導入タグの直後に、画面遷移するためのJavaScriptを記述します。

 

■サンプルコード

<script>
__stt.on('selectLang', function(event) {
if (event.lang !== 'ja') {
location.href = '/notice.html' + '?from=' + location.href;
}
});
</script>

3行目 – 日本語を選択した時は画面遷移しないようにする処理です。
  翻訳元言語が日本語以外の場合は ja を置き換えてください。
  日本語:ja 英語:en 中国語:zh 韓国語:ko
  ※その他の言語はお問い合わせください。
4行目 – /notice.html の部分は作成した中間ページのURLに置き換えてください。

 

3.サイト上で翻訳およびボタンの動作を確認をする

言語切替バーで言語を切り替えた際に、中間ページに遷移するか確認し、「前のページに戻る」ボタンを押すことで翻訳後のページに遷移するか動作を確認します。

 

 

 

 

関連するマニュアル

対応言語

「shutto翻訳」では、100言語以上の言語に対応しています。

言語切り替えバーのデザインカスタマイズ方法

言語切り替えバーのデザインカスタマイズ機能とは shutto翻訳では、言語切り替えバーを...

他の翻訳サービスを導入したサイトからshutto翻訳を導入したサイトへ遷移する機能のご利用方法

利用方法他の翻訳サービスをご利用のページからshutto翻訳でご利用いただいているペー...

翻訳対象タグと属性について

翻訳対象タグについてshutto翻訳では基本的にすべての翻訳を行えますが、一部翻訳の対...

関連するよくあるご質問

言語切り替え表示をオリジナルデザインにすることは出来ますか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

設定を行ったのに翻訳が反映されません。原因はなんでしょうか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

shutto翻訳のセキュリティについて教えてください。

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

言語切り替えバーで、サイトの表示を切り変えることができません。なぜでしょうか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...
TOPへ