コラム

コンバージョンを上げていくために、ECサイトが行うべきこととは

    ECサイトの売上を上げていくために、いかにしてコンバージョンを取得することができるのか、日々ECサイトの事業者様は頭を悩ませていることと思います。
    今回は、コンバージョンについて改めて解説しながら、ECサイト全体の売上を上げていく方法をご紹介いたします。

     

    1‐1、コンバージョン 、コンバージョン 率(CVR)とは

    コンバージョンとは、サイト内で最終的な成果を表す言葉となり、ECサイトの場合は、商品購入を表す言葉となります。
    また、コンバージョン率の計算方法は「コンバージョン数 ÷ サイトへの訪問数(セッション数)(×100)」(%)で算出できます。

    コンバージョン率の詳細は「CV(コンバージョン)の改善でECサイトの売上アップ!施策・ツールのご紹介」のページをご確認ください。
     

    1‐2、ECサイトのコンバージョン率

    ECサイトのコンバージョン率の平均はどれくらいあるか、ご存知でしょうか?
    一般的な平均では、1~2%または、2~3%言われております。

    平均の数字に差があるのは、検索するキーワードの種類によってコンバージョン率が変わる事が考えられます。

    コンバージョン率:1~2%の説

    調べたい情報のキーワードから検索をしてサイトに訪問した場合のコンバージョン率の目安は1%程度です。

    コンバージョン率:2~3%の説

    比較・検討キーワードから検索をしてサイトに訪問した場合のコンバージョン率の目安は2%程度です。
    情報収集よりも購入意欲が高い状態で検索をするため、コンバージョン率よりも高くなるようです。

    コンバージョン率:10%の説
    最もコンバージョン率が高いのは、サイト名・サービス名・商品名・会社名などの指名キーワードで検索をし、サイトに訪問した場合のコンバージョン率で、目安は10%程度です。

    カテゴリーによるコンバージョン
    また、カテゴリー別のコンバージョン率は下記となり、商材によってコンバージョン率は変わります。
    特定の商品を買おうと決めていたり、ファンがいる場合にはコンバージョン率が高いようですね。
    価格が低い商品や、比較をされやすい商品はコンバージョン率が低くなる傾向があるようです。

    15840664691436205
    出典:https://blog.hubspot.jp/conversion-rate-average

    1‐3、コンバージョン率を上げる方法

    コンバージョン率を上げる方法は、さまざまありますがECサイトのコンバージョンアップの対策の詳細は「ECサイトのコンバージョンアップは購入見込みの高い顧客への広告配信がカギ」
    EFO対策の詳細は「ECサイトのCVR向上に有効なEFO対策。さらに効果的な方法とは?」をご確認ください。

    また、直接成果につながった流入経路や広告だけではなく、間接的にコンバージョンにつながる要因となったものをアトリビューション分析で考えていくことも、今後のサイトの運営において重要になってくるかと思います。

    2、ECサイトのコンバージョンについて考える~アトリビュー ション分析~

    ECサイトのコンバージョンの計測において、最後の検索に対する施策のみを評価する方法(ラストクリック)が一般的ですが、ユーザーがコンバージョンに至るまでに何に接触してきたのか、商品を知るきっかけは何だったのか、など、施策の貢献度がわかればより広い視点でECサイトの運営が可能かと思います。
    その方法のひとつが「アトリビューション分析」を利用した方法です。
    次回はアトリビューション分析についてお話します。

    詳細は、こちらからご確認ください。

    3、ECサイトのコンバージョンについて考える~広告編~

    ECサイト運営において、「効果的な広告はどれか?」「どんな広告打ち出せばよいのか?」など、考えているECサイトの事業者様は多くいらっしゃるかと思います。
    コンバージョンを考える上で広告のコンバージョンについてお話していきます。

    詳細は、こちらからご確認ください。

    4、ECサイトのコンバージョンについて考える~メール編~

    ECサイトの売上アップ、集客の施策のひとつが、メールやメルマガなどのメールマーケティングです。
    ECサイトのメールのコンバージョンについてお話します。

    詳細は、こちらからご確認ください。

    最後に、コンバージョンを効率良く上げるには

    コンバージョンを効率良く上げるには、カゴ落ち対策!!
    カートの商品を入れて離脱するユーザーはなんと平均で「70%」と言われおります。
    カートリカバリーでは、リカバリーメールや広告を活用し、サイトや商品を認知をしているユーザーに対しての最後の背中の一押しや、購入のきっかけづくりに特化しています。
    認知を広げるマーケティングと、実際に購入につなげるための取り組みがどちらも重要となります。

    まずは、サイトに再訪問するきっかけ作りの取り組みで、
    一番コンバージョンに近いユーザーにアプローチをしてみませんか?

    まずは無料トライアルで効果をお試しください。

    top_price_20181130-1-1-1

    ※リカバリーメール機能(リマーケティング機能)だけでもサービスは利用できます。
    ※リマーケティング連携機能は、DSPによる広告料が発生します。

    無料トライアルのお申込みはこちら >>

    TOPへ