ご利用マニュアル

設定情報 配信コンテンツ テキストメール

HTMLメールを生成すると、テキストメールを自動で生成します。自動生成したテキストメールの確認・編集方法をご案内します。

仕様

HTMLメールを作成いただくと、そちらをベースにテキストメールを自動で作成します。自動作成した内容を編集することも可能です。
テキストメール編集後にHTMLメールに変更を加えた際には、テキストメールの内容は更新されません。

このページを開くには?

[キャンペーン]>任意のキャンペーン選択>設定情報>配信コンテンツ

HTMLメール作成後に、自動生成されたテキストメールの確認・編集画面へ遷移が可能です。『テキストメールの編集はこちら』のテキストリンクより編集画面へ進みます。

HTMLメール作成前

DC_HTMLbefore

HTMLメール作成後

DC_textmail1

テキストメールの確認・編集画面

DC_textmail_editor

 

    -コンテンツ作成領域-

  1. テキストメールエディター:テキストメールの内容・編集が可能です。テキストメールの内容を編集し、保存した後にはHTMLメールとは非同期状態となります。HTMLメールの内容を変更した場合には、テキストメールの内容には変更が適用されませんのでご注意ください。テスト配信:テスト会員登録をしたユーザーに対してテスト配信を実施します。テスト配信の詳細はこちら

    DC_text_contents2

       変数:各ユーザーに合わせた値をメールに挿入することができます。挿入できる値はこちらをご参照ください。
       ※配信対象顧客に差し込み変数の情報がない場合に代わりに表示する値の設定についてはこちら

     
    -タブメニュー領域-
  2. テスト配信:テスト会員登録をしたユーザーに対してテスト配信を実施します。テスト配信の詳細はこちら。
  3. 保存履歴:メールコンテンツの保存履歴を表示します。復元も可能です。

 HTMLとの同期・非同期状態

  • 同期:HTMLメールの内容をもとにテキストメールが作成された状態です。HTMLメールの更新時には、テキストメールの内容も併せて更新されます。
     ※保存履歴上の表示
     ※設定情報での表示DC_textmail_editor_3
  • 非同期:HTMLメールの内容からテキストメールを編集し、保存した場合の状態です。HTMLメールの更新とは連動しません。
     ※保存履歴上の表示
     ※設定情報での表示DC_textmail1

 非同期時の編集画面

DC_textmail_editor_2

  -タブメニュー領域-

5.HTMLメールの内容に戻す:これまでのテキストメールの編集状態をクリアし、現在保存されているHTMLメールから自動生成された内容に変更し、再度同期状態にすることが可能です。

関連するマニュアル

設定情報 配信コンテンツ HTMLメール②ソース入力モード

DATA CASTで、HTMLソースコードを利用し、メールコンテンツを作成することができ...

設定情報

DATA CASTで配信するキャンペーンの設定情報を表示します。キャンペーン新規作成時は...

設定情報 配信コンテンツ HTMLメール②ビジュアルモード

DATA CASTで配信するキャンペーンを直感的な操作でHTMLメールコンテンツを作成す...

設定情報 配信コンテンツ HTMLメール①テンプレート選択

「DATA CAST」のマニュアルページです。キャンペーンで配信するコンテンツのテンプレ...

関連するよくあるご質問

解約申請はいつまでに行えばよいですか?

DATA CASTの解約申請についてはこちらをご確認ください。|顧客一人ひとりとの繋がり...

申し込みから何日で利用ができますか?

申し込みから何日で利用ができますか?|顧客一人ひとりとの繋がりを深めるCRMツール『DA...

メールに個々のお客様の名前を差し込むことは可能ですか?

メールに個々のお客様の名前を差し込むことは可能ですか?|顧客一人ひとりとの繋がりを深める...

推奨のPC環境を教えてください。

DATA CASTをご利用いただく際の推奨のPC環境についてはこちらをご確認ください。|...
TOPへ