ご利用マニュアル

Request 非公開化

アイテム情報の非公開化を行うAPIです。
出力方法はJsonです。

Request 非公開化(type = hidden)

Request

アイテム情報の非公開化を行います。非公開化は即時反映されます。
非公開化は恒久的なもので、アクセスがあっても自動的にはレコメンドに再表示されません。
管理画面 > アイテム管理 > アイテム一覧 の【非表示アイテム】から非公開アイテムを確認でき、手動で再表示させることができます。
複数のアイテムコードをカンマ区切りで指定できます。

パラメタ

要否

説明

type

必須

処理種別。非公開化の場合は hidden を指定

account

必須

アカウント名

recommend

必須

レコメンド名

codes

必須

アイテムコード文字列。カンマ区切りで複数指定可能

Headers

Content-Type: application/json
Authorization: bearer [アクセストークン]

Body

{
"type": "hidden",
"account": [アカウント名],
"recommend": [レコメンド名],
"codes": [アイテムコード,,,]
}

利用例

  1. ユーザ認証を実施して、access_token を取得してください
    "access_token": "187113305cfd78f0afe3dfeb94a3f6b0a1e7ae1410a96abaaa1965477dd4dc16"
  2. 以下のURLへPOSTでリクエストを送信してください
    https://api.rcmd.jp/connector/items/manage
    リクエストヘッダには以下をご指定ください。1で取得した access_token はここで利用します。
    Content-Type: application/json
    Authorization: bearer
    187113305cfd78f0afe3dfeb94a3f6b0a1e7ae1410a96abaaa1965477dd4dc16
    非公開化の場合は type に “hidden” をご指定ください。
    account にアカウント名、recommend にレコメンド名、codes に非表示化したいアイテムのコードを指定してください。
    {
    "type": "hidden",
    "account": "test_account",
    "recommend": "test",
    "codes": "item_code1, item_code2,,,,"
    }
  3. 成功の場合はリターンコード 200 が返却され、2で指定したアイテムコードのアイテムが非公開化されます。

関連するマニュアル

ユーザ認証

コンテンツレコメンド API仕様書 ユーザ認証

アイテム情報連携 概要

コンテンツレコメンド API仕様書 アイテム情報連携 概要

Request 情報の更新

コンテンツレコメンド API仕様書 Request 情報の更新

Request 非表示化

コンテンツレコメンド API仕様書 Request 非表示化

関連するよくあるご質問

最低利用期間はありますか?

コンテンツレコメンドのよくあるご質問

代理店制度はありますか?

コンテンツレコメンドのよくあるご質問
TOPへ