ご利用マニュアル

STEP1
STEP2

カゴ落ちメール:作成方法

    カートリカバリーで設定するカゴ落ちメールはマルチパート形式にて配信いたします。
    メールの作成は「HTML本文」「テキスト本文」内のエディタを利用して作成してください。
    ※「HTML本文」は、レスポンシブHTMLメールとなります。

     

    カゴ落ちメールの設定詳細につきましてはコチラのページをご確認ください。 >>

    手順1. デフォルトのテンプレートに内容を入力

    rcv_mail_temp_sample01_thum

    ■ 「HTML本文」の編集

    rcv_mail_temp_sample01_howto_01a
    [リカバリー設定]の[HTML本文]をクリックしてください。

    変更する箇所は6箇所です。

    rcv_mail_temp_sample01a_howto

    ① httpまたはhttpsから始まる導入サイトのロゴ画像URLを入れてください。

    ② 会社名を入力してください。

    ③ 住所を入力してください。

    ④ 連絡先を入力してください。

    ⑤ サイトのURLを入力してください。

    ⑥ コピーライトを入力してください。

     

    ■ 「テキスト本文」の編集

    rcv_mail_temp_sample02_howto_01a
    [リカバリー設定]の[テキスト本文]をクリックしてください。

    rcv_mail_temp_sample02_howto_03b
    [テンプレート適用]をクリックし、[適用]をクリック後、[閉じる]をクリックしててください。

    変更する箇所は5箇所です。

    rcv_mail_temp_sample02a_howto
    ① 会社名を入力してください。② 住所を入力してください。

     

    ③ 連絡先を入力してください。

    ④ サイトのURLを入力してください。

    ⑤ コピーライトを入力してください。

     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

    赤い※印の部分は、購読解除URLとなります。購読解除の設定はコチラの⑧ 購読解除完了URLで設定をしてください。
    ※カゴ落ちメールの「件名」を変更される場合は件名を変更してご利用ください。
    ※「差出人 氏名」「差出人 アドレス」を設定してご利用ください。
    件名や差出人についてはコチラ >>
    ※項目としてご利用されない場合は削除をしてご利用ください。

    手順2. 「保存」をクリック

    画面右上の[保存]をクリックして、保存します。
    ※[保存]をクリックせずに、ページを移動した場合は保存されません。ご注意ください。

    手順3. テスト配信にて確認

    テスト配信についてはコチラ >>
    ON/OFFについてはコチラ >>
    エラーが出た場合はコチラ >>


    ※上記デフォルトのテンプレートはカートリカバリーのカゴ落ちメール以外でのご利用を固く禁じます。
    ※ご利用いただく際は、テスト配信にてご確認の上、ご利用ください。

     

    関連するマニュアル

    メールアドレスの収集について

    メールアドレスの収集について

    カゴ落ちメール作成後の確認方法

    カゴ落ちメール作成後の確認方法

    カゴ落ちメール設定(リカバリーメール設定)

    カゴ落ちメール設定(リカバリーメール設定)

    Amazon Pay ポップアップ管理画面の確認方法

    Amazon Pay ポップアップ管理画面の確認方法

    関連するよくあるご質問

    メールアドレスの収集について

    メールアドレスの収集について

    カゴ落ちメール作成後の確認方法

    カゴ落ちメール作成後の確認方法

    カゴ落ちメール設定(リカバリーメール設定)

    カゴ落ちメール設定(リカバリーメール設定)

    Amazon Pay ポップアップ管理画面の確認方法

    Amazon Pay ポップアップ管理画面の確認方法
    TOPへ