お知らせ

ITP2.3に関連するCART RECOVERYの影響と対応につきまして

    ITP2.3に関するCART RECOVERYへの影響調査を行ったところ、一部の機能に影響があることを確認いたしました。
    本件に関して以下ご確認ください。

    1.影響について

    ITP2.3の影響によりSafari 13以降の端末からのアクセスに関して、CART RECOVERYで発行するCookieの保存期間が24時間、localStorageが最大7日間に制限されます。これにより以下のような影響が発生いたします。

    ■リカバリー広告への影響
    リカバリー広告をクリックしてから7日以上経過したコンバージョンが計測されなくなります。
    ※Logicad管理画面では7日以上経過したコンバージョンも計測可能です。

    ■リカバリーメールへの影響
    ユーザが再訪時にログインしていない場合でも、同一Cookieにて過去にメールアドレスが取得できている場合にはそのメールアドレスが適用されますが、Safari 13以降の端末からのアクセスでは、7日以上経過しての再訪で、かつログインしていないケースでは別ユーザとして判別され、リカバリーメールの配信ができなくなります。

    ■カート内トレンドへの影響
    カゴ落ちから7日以上経過して再訪、カゴ落ちしたケースでは、別ユーザとして判別されるため、ユニークユーザ数が多くなります。

    ■Amazon Pay ポップアップへの影響
    Amazon Pay ボタンをクリックしてから7日以上経過したコンバージョンが計測されなくなります。

    2.対応について
    ユーザ判定に利用するCookieを、ご利用者様のサーバサイドで発行される「1st Party Cookie」に変更するよう準備を進めております。
    この対応に伴い、ご利用者様にてCNAME登録を行っていただく必要がございます。

    CNAME登録を行わずに引き続きご利用いただくことも可能ですが、上記の通り、一部機能に影響がございますのでご対応いただけますようお願いいたします。

    <CNAME登録の流れ>
    実際のフローとしては下記となります。

    (1)弊社まで、CNAME登録をご希望の旨を下記お問い合わせボタンよりご連絡ください。

    (2)cookie発行用の情報をお送りしますので、DNSサーバに下記2点の設定をお願いいたします。
    ※「example.com」=お客様ドメインとなります。

    1) cookie発行用サーバのDNS情報

    xxx.example.com CNAME xxx.contx.net

    2) 上記サーバの証明書利用のためのDNS情報

    _4aaaaaaaaaaaaaaaaad9e4bbb6.xxx.example.com. CNAME _ddddddddddddd55.vhzmpjdqfx.acm-validations.aws.

    ※cookie発行用のドメイン(上述内のxxx 部分)につきまして、「 cssc 」とさせていただきます。
    ※ご指定のドメインを使用したい場合は、その旨を各担当者にご連絡ください
    ※AWSの無料SSL証明書にて行います。発行の承認のため、ドメインの DNS 設定に設定をお願いいたします。(正式な値は実際のご連絡時の内容をご確認ください。)
    ※DNSの登録はドメインを取得された会社様にご依頼ください。

    なお、ご連絡をいただいた後、弊社側での対応作業は3月頃を予定しております。

    ご確認いただき、ご不明な点がございましたら併せてご連絡ください。
    引き続き何卒よろしくお願いいたします。

    TOPへ