ご利用マニュアル

タグを設置するページ(Gパターン)

タグ設置「Gパターン」の条件:
・一部のページのみにタグを設置できる(カートページ、CVページ、ログイン後の各種ページ)
・カゴ落ちメール、カゴ落ちリマーケティング広告、Amazon Pay ポップアップ by CART RECOVERYをご利用予定

※サイトの状況によって変化するタグ設置個所については「タグ設置パターンの確認チャート」をご確認ください。

目次

1. タグを設置するページ

カートリカバリーのタグには、「カート内データ収集タグ」「CV情報収集タグ」「本体タグ」の3種類があります。

設置するページとタグの種類

G_pattern
※画像はクリックで拡大できます

カートページ、ゲスト購入ページ、決済情報入力ページ、会員情報を変更した際に遷移するページ、会員退会後のページに、「カート内データ収集タグ」と「本体タグ」を設置してください。

CV完了ページには、「CV情報収集タグ」と「本体タグ」を設置してください。

トップページと、商品詳細ページに、「本体タグ」を設置してください。

Amazon Pay ポップアップを表示するページには、フォームタグに属性を追加してください

 

2. タグ設置時の注意事項

タグ設置時の注意事項についてはコチラ >>

3. メールアドレスの取得について

メールアドレスの取得方法についてはコチラ >>

 

関連するマニュアル

タグを設置するページ(Eパターン)

タグを設置するページ(Eパターン)

タグを設置するページ(Fパターン)

タグを設置するページ(Fパターン)

タグを設置するページ(Hパターン)

タグを設置するページ(Hパターン)

タグを設置するページ(Iパターン)

タグを設置するページ(Iパターン)

関連するよくあるご質問

タグを設置するページ(Eパターン)

タグを設置するページ(Eパターン)

タグを設置するページ(Fパターン)

タグを設置するページ(Fパターン)

タグを設置するページ(Hパターン)

タグを設置するページ(Hパターン)

タグを設置するページ(Iパターン)

タグを設置するページ(Iパターン)
TOPへ