ご利用マニュアル

JavaScriptタグの設置可能箇所について

■JavaScriptタグの設置可能箇所について

カートリカバリーをご利用いただくためには、JavaScriptタグの設置が必要となります。
※タグの詳細については「設置するタグについて」をご確認ください。

タグ設置が可能な箇所は下記の通りとなります。

spec_001_001[1]カート内データ収集タグ
spec_001_002[2]CVデータ収集タグ

① サイト全体のドメインが同一の場合

・カートページ、コンバージョンページのドメイン:https://sample-cr.jp/
・その他のページ(トップ、一覧、詳細ページなど):http://sample-cr.jp/

spec_001_003

② カートページ以降のページとその他のページがサブドメインで異なる場合

・カートページ、コンバージョンページのドメイン:https://ssl.sample-cr.jp/
・その他のページ(トップ、一覧、詳細ページなど):http://sample-cr.jp/

spec_001_003

③ カートページ以降のページとその他のページのドメインが異なる場合

・カートページ、コンバージョンページのドメイン:https://sample01-cr.jp/
・その他のページ(トップ、一覧、詳細ページなど):http://sample02-cr.jp/

spec_001_004

なお、現在(2016年4月現在)のバージョンではカートページとコンバージョンページのドメインが異なる場合は、カートリカバリーをご利用いただくことができません。該当のお客様については対応が完了次第ご連絡をさせていただきますので、対応完了連絡をご希望のお客様がいらっしゃいましたらお問い合わせいただけましたら幸いでございます。ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。>>

 

関連するマニュアル

タグ設置パターンの確認チャート

タグ設置パターンの確認チャート

導入前のご確認

導入前のご確認

離脱タイミングについて

離脱タイミングについて

タグを設置するページ(Dパターン)

タグを設置するページ(Dパターン)

関連するよくあるご質問

タグ設置パターンの確認チャート

タグ設置パターンの確認チャート

導入前のご確認

導入前のご確認

離脱タイミングについて

離脱タイミングについて

タグを設置するページ(Dパターン)

タグを設置するページ(Dパターン)
TOPへ