ご利用マニュアル

STEP1
STEP2
STEP3
STEP4

メールアドレスの収集について

各JavaScriptタグの ‘user’の’id’箇所にログインした会員のメールアドレスを挿入してください。

※JavaScriptタグの詳細については「設置するタグについて」をご確認ください。
※サイトの状況によって変化するJavaScriptのタグ設置個所については「タグ設置パターンの確認チャート」をご確認ください。
※ カゴ落ちリマーケティング広告のみご利用の場合は、メールアドレスを設定いただかなくてもご利用いただけます。

1. 仕様と挿入する値について

カートリカバリーではJavaScriptタグを設置していただき情報を収集いたします。

‘user’の’id’に下記内容を挿入していただくことで、サイトに登録されている会員のメールアドレスを収集することができます。

ユーザーのステータスで条件分け

値の挿入時には、下記2点の、ユーザーのステータスで条件分けを行って挿入してください。

条件1:ログインをしているか/していないか

条件2:メール配信の許諾が取れているか/取れていないか

挿入する値

・非ログイン時 :guest

・ログイン   :(メール配信の許諾が取れている場合)会員のメールアドレス
         (許諾が取れていない場合)guest

※退会完了時にユーザーのステータスが、非ログイン状態とならない場合は、’guest’と挿入できるようにしてください。

なお、サイト全体が非SSLの場合は、データ保護のため、メールアドレスはSSLが適用されたページのみ出力し、非SSLページでは’guest’で設定を行うようにしてください。

<SSLページ>   → メールアドレスを挿入

<非SSLページ>  → ’guest’などメールアドレスと判別できない識別子

■’guest’を設定した場合の動き

カゴ落ちメールは、挿入されたメールアドレスに対してメールを配信いたします。

’guest’など、メールアドレスではない識別子を設定するとカゴ落ちメールが配信されてないように制御することができます。

※ 「guest」ではなく「user」など別の値でも問題はありません。メールアドレスではない識別子を入れてください。

※管理画面からも購読を行わない設定は可能です。
登録方法の詳細はコチラ >>

 

※’user’の’id’を「空欄」で設定した場合の動き

再訪ユーザが非ログイン状態でカゴ落ちをした際には、過去のログイン時に取得されたメールアドレスに対してカゴ落ちメールが配信されます。
この場合、「前回のログイン時から再訪までの期間にオプトアウトをしたユーザ」にもカゴ落ちメールが配信されてしまうため、空欄設定ではなく‘guest’を挿入してください。
なお、カート内データ収集タグの中で、’user’の’id’自体がない場合も「空欄」設定として扱われます。

 

2. 例:非ログイン状態でカゴ落ちした時

‘user’の’id’に’guest’を挿入してください

非ログイン状態のユーザーはメールアドレスを取得することができないため、’guest’などメールアドレスと判別できない識別子を挿入してください。

<script>
contx = {
'user': {
'id': 'guest'
},
'cart': {
'items': [
{
'id': '00005',
'page': 'http://example.com/items/00005',
'name': '売れ筋No.5商品',
'image': 'http://example.com/items/00005/image.jpg',
'price': '500',
'count': '1',
'stock': ''
}
]
}
};
</script>

 

3. 例:ログイン状態でカゴ落ちした時

メール配信の許諾が取れている場合は’user’の’id’にメールアドレスを挿入、
許諾が取れていない場合は’user’の’id’に’guest’を挿入してください

メール配信の許諾が取れているユーザーにのみ、カゴ落ちメールが配信されます。

例:メール配信の許諾が取れているユーザーがカゴ落ちをした場合

<script>
contx = {
'user': {
'id': 'member@example.com'
},
'cart': {
'items': [
{
'id': '00005',
'page': 'http://example.com/items/00005',
'name': '売れ筋No.5商品',
'image': 'http://example.com/items/00005/image.jpg',
'price': '500',
'count': '1',
'stock': ''
}
]
}
};
</script>

例:メール配信の許諾が取れていないユーザーがカゴ落ちをした場合

<script>
contx = {
'user': {
'id': 'guest'
},
'cart': {
'items': [
{
'id': '00005',
'page': 'http://example.com/items/00005',
'name': '売れ筋No.5商品',
'image': 'http://example.com/items/00005/image.jpg',
'price': '500',
'count': '1',
'stock': ''
}
]
}
};
</script>

 

4. 例:会員を退会した時

‘user’の’id’に’guest’を挿入してください

会員を退会したタイミングで、カゴ落ちメールの配信が停止されます。

例:カートに「売れ筋No.5商品」が入っている状態で退会した場合

<script>
contx = {
'user': {
'id': 'guest'
},
'cart': {
'items': [
{
'id': '00005',
'page': 'http://example.com/items/00005',
'name': '売れ筋No.5商品',
'image': 'http://example.com/items/00005/image.jpg',
'price': '500',
'count': '1',
'stock': ''
}
]
}
};
</script>

例:カートに何も商品が入っていない状態で退会した場合

<script>
contx = {
'user': {
'id': 'guest'
},
'cart': {
'items': []
}
};
</script>

関連するマニュアル

カゴ落ちメール:作成方法

カゴ落ちメール:作成方法

カゴ落ちメール作成後の確認方法

カゴ落ちメール作成後の確認方法

カゴ落ちメール設定(リカバリーメール設定)

カゴ落ちメール設定(リカバリーメール設定)

ログインID(メールアドレス)・パスワードの変更

ログインID(メールアドレス)・パスワードの変更

関連するよくあるご質問

カゴ落ちメール:作成方法

カゴ落ちメール:作成方法

カゴ落ちメール作成後の確認方法

カゴ落ちメール作成後の確認方法

カゴ落ちメール設定(リカバリーメール設定)

カゴ落ちメール設定(リカバリーメール設定)

ログインID(メールアドレス)・パスワードの変更

ログインID(メールアドレス)・パスワードの変更
TOPへ