お知らせ

Apple社iOS15のメールプライバシー保護による「さぶみっと!メール配信」への影響につきまして

    Apple社が提供しているiOSの最新バージョン「iOS 15」が2021年9月21日リリースしており、この中の新機能の1つ「メールプライバシー保護機能(Mail Privacy Protection)」がメールの開封率に影響を及ぼすことが言われております。

    メールプライバシー保護機能とは?

    「メールプライバシー保護」は、あなたのIPアドレスを非公開にします。そのためEメールの送信者は、あなたのIPアドレスとほかのオンライン上の行動を関連付けたり、あなたの位置情報を特定できなくなります。あなたがEメールを開いたかどうか、開いたのはいつなのか、相手に知られる心配もありません。

    -Apple社の案内より抜粋

    つまり、Apple Mail(Apple社が提供しているメールアプリ・メールクライアント)のユーザーが、メールを開いたことを送信者に知られないようにすること、またIPアドレスを伏せることで他のオンラインのアクティビティとの関連付けや場所の特定に使用されないようにすることができる機能となっています。

    iOS15_01

    開封数/開封率への影響

    iOS15にアップデートされると、デフォルトで「メールプライバシー保護機能」が有効になっているようです。
    そのため、iOS15にアップデートされてApple Mailで受信された場合、実際にユーザーが開いたかどうかに関わらず、受信した時点で【開封済】と見なされる可能性があります。そのため、開封率が上昇することが考えられます。
    なお、クリック数のカウントには影響はありません。

    ◇「メールプライバシー保護機能」の確認方法
    iPhone>設定>メール>プライバシー保護 をご確認ください。

    iOS15_02

    さぶみっと!メール配信でのご注意事項

    「さぶみっと!メール配信」では、配信形式が「HTMLメール」または「マルチパート」の場合、タグを設置いただければ、開封率を計測することができます。
    ただ、受信環境が「iOS15」の「Apple Mail」だった場合、開封をしていなくても開封率として計測される場合があります。
    開封率はあくまでも参考としてご確認いただき、クリックカウント計測でのクリック率や解除数などを重視して効果をご確認いただけるよう、ご検討をお願いいたします。

     

    ご不明な点がございましたら、ご連絡ください。引き続きよろしくお願いいたします。

    TOPへ