よくあるご質問

shutto翻訳による自動翻訳利用は、Googleガイドラインが禁止するスパム行為「自動生成したコンテンツを公開する」ことに該当しないのでしょうか?

shutto翻訳では、元サイトをJavaScriptを利用して多言語化を行っております。
そのため、あくまでもサイトの表示のみを多言語化しており、HTMLについては日本語のままであることからGoogleガイドラインには該当しない仕様となっております。
また同様に、海外検索エンジン機能についても、クローラーに対し、海外検索エンジン用のURLは別言語であることを提示しているため、Googleのガイドラインに該当することなく安心してご利用いただけます。

関連するよくあるご質問

サポートしている翻訳言語は何語ですか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

shutto翻訳を導入した場合、翻訳が行われるURLはどういった表示になるのでしょうか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

翻訳したいサイトにSNSが埋め込まれていますが、翻訳できるのでしょうか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

ページを自動登録し、翻訳文を自動公開することはできますか?

shutto翻訳についてのヘルプセンター、よくあるご質問一覧ページです。マーケティングプ...

関連するマニュアル

翻訳方法(自動翻訳・プロ翻訳・セルフ翻訳)

shutto翻訳には、翻訳システムによる「自動翻訳」、プロに翻訳を依頼する「プロ翻訳」、...

翻訳対象から文章を除外する方法

翻訳除外設定とは特定の文章を翻訳対象から除外する場合は、ウェブサイトのHTMLタグに「...

他の翻訳サービスを導入したサイトからshutto翻訳を導入したサイトへ遷移する機能のご利用方法

利用方法他の翻訳サービスをご利用のページからshutto翻訳でご利用いただいているペー...

導入サイトで翻訳が実行されない場合

shutto翻訳をご利用の上で、導入サイトにて翻訳が実行されない場合の注意点について、ご...
TOPへ