SPFレコードが正しく設定されているか確認する方法

2017年12月27日

以前、メールを配信しても相手に届かずエラーになったり、メールが迷惑フォルダーに入らない為に「SPFレコード」を設定しましょう、というご案内いたしました。

「SPFレコード」とは?SPFレコード設定方法とメリットについて >>

そのご案内後、SPFレコードが正しく設定されているか、確認方法のお問い合わせを多くいただくようになりましたので、今回は確認方法をご案内いたします。
SPFレコード設定後の確認もおこない、配信されたメールが届くように準備いたしましょう。

SPFレコードの確認方法

SPFレコードの認証確認は、下記方法があります。

オンラインツールにて確認

【メリット】簡単にSPFレコードが認証されていることを確認することができる
【デメリット】英語の表示のサイトが多くわかりづらい

コマンドラインにて確認

【メリット】パソコンに詳しい人であれば確認しやすい
【デメリット】パソコンに詳しくない場合は、やり方や確認に不安を感じる

今回は、オンラインツールで簡単に確認ができる無料の外部サービスをご案内いたします。

SPFレコードの認証確認サービス:nslookup(dig)テスト【DNSサーバ接続確認】

■外部サービス名:
nslookup(dig)テスト【DNSサーバ接続確認】:https://www.cman.jp/network/support/nslookup.html

確認方法

SPFレコードの設定が完了してから行ってください。

  1. nslookup(dig)テスト【DNSサーバ接続確認】にアクセスしてください。
  2. 「ホスト名(FQDN)」欄に送信ドメインを入力してください。
    ※「さぶみっと!メール配信」の管理画面の[設定]>「配信メール設定」にて設定している「差出人(From)メールアドレス」のドメインを入力してください。
    spf_01
    「@」以降がドメインとなります。
  3. 「オプション」欄は「TXT:テキスト情報」を選択してください。
  4. [dig実行]ボタンをクリックしてください。

表示結果について

表示された内容に下記が表示されているか確認してください。
<例> v=spf1 include:submitmail.jp include:mail2.submitmail.jp ~all

※SPFレコードを「さぶみっと!メール配信」以外でも登録されている場合は、異なる表示となっている場合があります。
 その場合は「include:submitmail.jp include:mail2.submitmail.jp ~all」が表示されているかご確認ください。

  1. ・確認できる場合:設定済み
  2. ・確認出来ない場合:未設定、正しく設定されていない

※SPFレコードの設定、確認方法については、弊社サポート対象外です。
※上記外部サービスは2017年12月27日現在の情報となります。また上記外部サービス及び生じた結果に際しては弊社は一切の責任を負いませんので予めご了承ください。