大阪名物ミヤザキさんを語る【PR】

本記事はミヤザキさんをPRするための記事コンテンツである。

通常のPR記事は企業からの依頼を受けて、その企業がアピールしたい商材やサービスを記事として公開するのが一般的であろう。

しかし、今回はミヤザキさんからの依頼である。見た目的にも決して華やかではない中年男性のミヤザキさんをPRしてほしいという難題を突きつけられ、私はとても戸惑っている。

戸惑いながらも私の知る限りのミヤザキさんをここに記していきたいと思う。それにより彼に対する理解が深まり、「ミヤザキ」という名前がみなさんの胸に少しでも残ってくれればうれしく思う。

 

■こう見えても45才なんだ

彼との出会いを正確には覚えていないが、初めてお酒を飲んだのは大阪でのイベントを終えた打ち上げの席だったと記憶している。

たこ焼きをつまみに瓶ビールを呑むことしばし。イベントの余韻も手伝い、大いに盛り上がっていたときに彼がドヤ顔で言い放ったセリフがこれだ。

「こう見えてもオレ45才なんだよね!」

私は凍りついた。

 

「こう見えても・・・だと?」

 

日本中の45才のおっさんを足して割ったらこうなるんじゃないかと思うくらい典型的な45才の風貌である。この人、本気なのか?

ミヤザキさんの目はとてもキラキラしていた。冗談で言っているニュアンスではなかった。きっとそういうことを言ってくれるお店で言われるセリフを真に受けているのだろう。

私の中で彼が永遠の45才として刻まれた瞬間だった。45才の天使がそこにいた。

 

■大阪の渡辺謙こと、ミヤザキです。

その日、イベントの中で彼はプレゼンをさせてほしいと言ってきた。自分自身をPRしたいのだと。私は戸惑いながらも許諾した。彼はスライドも用意していた。

スライドがスクリーンに映し出されると日本の名優、ラストサムライ渡辺謙とミヤザキさんの顔が並んでいた。

そのスライドを前に「どーもー、大阪の渡辺謙こと、ミヤザキですー。」と自らを紹介しはじめた。

会場は水を打ったような静けさだった。全員が戸惑っていた。私はこのままではいけないと思い、思わず「え、どこがですか・・?」と彼に質問を投げかけた。

すると彼は「いやー、床屋にいつもこの写真を持っていくんですよ。もうね、渡辺謙にしてほしいと。ね、ほら?そっくりでしょ?」とまたもやニコニコして言うのである。

確かに、薄っすらと散らかりはじめてる頭髪は渡辺謙に見えなくはないが、それはあくまで頭頂部から半径15cmの出来事である。

会場内の白い目線を一斉にうけながらも彼は最後まで渡辺謙としてプレゼンをやりきった。そのメンタルたるや、私の中のミヤザキさんはいつのまにか本物の渡辺謙を超えたラストサムライになっていた。

 

■グルメなインスタグラマー

ミヤザキさんを語る上で欠かせないのがインスタグラムである。しかしそんな彼に私は少々イライラしていた。

料理が運ばれてくるたびに身を乗り出しカメラの位置を上げたり下げたり、角度を変えたりとインスタ映えを意識した写真を撮りまくり、それを加工して「どう?」とこちらに見せてくるのであった。

私はインスタグラムをやっていない。「どう?」と言われてもどうも思わないのだが、私は彼の挑発に乗っかってしまった。正確にいうと楽しそうなミヤザキさんの横顔につられてしまったというほうが正しいだろう。

ついに私はその場でインスタデビューをしてミヤザキさんに勝負を挑むことにしたのである。

同じ料理を二人で撮影して、どちらが美味そうに表現できるのか。戦いは何時間にも及んだ。私はすっかりインスタグラムの虜になっていた。

インスタグラムをやってみてわかった。ミヤザキさんは「オレが料理を撮っているのではない。料理がオレに撮れと叫んでるんだ!」と言わんばかりに料理の魅力を最大限引き出そうとしているのであった。私はミヤザキさんの繊細な表現力と気迫に感服した。

以下がミヤザキさんのインスタアカウントである。おっさんの日常をどれくらいの人が見たいかは分からないが興味があればフォローしてみるといい。あなたの隣にいつもミヤザキさんが寄り添うことになるだろう。

(画像クリックでミヤザキさんのアカウントに遷移します。)

 

■ミヤザキさんとは一体、何者なのか?

さて、ミヤザキさんに関するいくつかのエピソードを語ってみたが、彼について少しでもご理解いただけただろうか。

これ以外にも初対面の人の家に転がり込み、私とともに雑魚寝で二晩過ごすという図々しいエピソードもあったが、長くなるのでここでは割愛する。

ミヤザキさんは、その場の雰囲気を自分のものに変えてしまう愛すべきキャラの持ち主だ。もしあなたがこの記事を読んでミヤザキさんに興味がわいてきたらぜひ一度会ってみてはいかがだろうか?

彼はNTTスマートコネクトという会社で働くサラリーマンであり、マネージドサーバという製品の販売をしている。
全国どこでも電話一本で駆けつけると言っている。
製品の特徴や優位性はこの記事で触れることはしない。この記事はミヤザキさんのPR記事であるからだ。

最後にミヤザキさんのFacebookアカウントを紹介しておく。
ミヤザキさんが全国津々浦々、飲み歩いている頑張って働いている様子をうかがい知ることができるだろう。

ミヤザキさんはあなたからの友だち申請を待ちわびている。ぜひ勇気を持って今すぐに友だち申請をしてみてほしい。

この記事を通じて新たな繋がりが生まれミヤザキの輪が日本中に広がることを願っている。

(画像クリックでミヤザキさんのアカウントに遷移します。)

──完

【協賛企業のご紹介】NTTスマートコネクト株式会社さま

1月25日(木)開催の地域密着のアイデアソンイベント「さぶみっと!ヨクスル in 大阪」にご協賛いただいておりますNTTスマートコネクト株式会社さまをご紹介させていただきます!

NTTスマートコネクトさんは、大阪を拠点に、堅牢なファシリティと高速接続環境の自社データセンターを基盤にお客さまのサーバーをお預かりする「ハウジング」、仮想プラットフォームからSaaS型サービスまで幅広く提供する「クラウド」、信頼性の高い動画配信を実現する「ストリーミング」の3事業を展開しています。

 

NTTスマートコネクト株式会社

また、NTTスマートコネクトからは今回も名物担当の宮崎さんが来場します。レンタルサーバの事、それ以外の事でも、気軽に声かけてください。

現在、スマートコネクトでは、ハードディスクやCPUメモリを利用状況に合わせて変更できるレンタルサーバ「スマートコネクト マネージドサーバ」をの発売5周年を記念して100台限定、初期料金無料/月額料金永年割引のお得なキャンペーンを実施中でございますので、ご興味のある方は、「スマートコネクト マネージドサーバ 5周年記念キャンペーン」をご覧ください。

さぶみっと!ヨクスル in 高知
【2018年2月21日(水)開催】

高知初開催!
街の魅力をみんなで磨こう!地域にエンターテイメント!

「さぶみっと!ヨクスル」は、全国で開催をしている地域密着のアイデアソンイベントです。 地域でこんなことをやりたい!盛り上げたい!というプレゼンに対して、みんなでアイデアを出し合い実現に向けてプロジェクト化していきます。地元の絆を繋げて地域をもっと盛り上げていきましょう!

 

このような方はご参加ください!

  • ・地域を盛り上げること(地域活性)に興味がある方
  • ・自分の街の魅力をもっと知りたい方
  • ・地域の人とつながりを持ちたい方
  • ・地域で頑張っている人を応援したい方
  • ・おもしろいことが好きな方

イベントの流れ

イベントの流れイメージ

 

ヨクスルの醍醐味はブレスト!

ブレストは少人数のグループで自由にアイデアを出し合う会議手法です。批判をしない、ほかの人のアイデアに乗っかり膨らませていく、実現の可否は問わない、質より量を出すなどのルールをもとに、みんなで自由にアイデアを出し合います。異なる業種のみなさんの多角的なアイデアが地域をよくするヒントになります。ブレストの時間は20分!アイデアの目標数は100個。ぜひあなたもご参加ください。
 

プレゼンター紹介

プレゼンターさんの情報を追加しました!(2018年2月2日更新)

以下のテーマを5分で発表していただきます。参加者のみなさんはそれぞれの発表を聞いて、どのテーマについてディスカッションをしたいかグループに分かれ、20分間でアイデアをひたすら出していきます。(アイデアの目標数は100個!)みなさん、ぜひご参加ください!

上村 史植さん

高知の情報がすべて分かるアプリを作って、高知をもっと盛り上げたい!

高知県の情報がネット上に少なかったのをきっかけに、1年前に「Smatosa」というアプリを制作しました。
紙面やネットに分散した高知県の情報は、知りたい人、届けたい人に届かずに終わってしまっている事も多いのが高知県の現状です。
そういったイベント情報やグルメ情報を一つにまとめて、観光客の方だけではなく、高知県に住んでいる人にも高知県の楽しい情報を知ってもらい、高知県の活性化につなげていきたいです。
まずは高知県民が「高知って楽しい」と思うことで、そこから観光客も巻き込んで高知県を盛り上げていきたいです。今回はみなさんとアプリがより多くの人に活用してもらうためのアイデアについて考えたいです。

上村 史植さん

西森 亜珠佐さん

高知の冬を盛り上げる帯屋町フェスティバルをやりたい!

高知は夏によさこい祭が開催されます。毎年、よさこい祭りが終わると燃え尽き症候群で「よさこいロス」になる人もいたり。私もその1人です。
次のよさこい祭りを待つよりも、冬にも同じ規模のフェスティバルを開催すれば帯屋町も市内も年齢関係なく楽しめるんじゃないかなと考えています。また、みんなが心を一つにして盛り上がり、それぞれの職業にも潤いが与えられ地域が活性します。
イベントの中身も大事ですが、みんなから愛されるイベント名をつけたいと思っています。この帯屋町フェスティバルが地域に浸透していくためにはどんなイベント名がいいかをみなさんと考えたいです。

西森 亜珠佐さん

杉本 憲昭さん

全国から若者を集めるサブカルに特化したイベントをやりたい!

僕の地元の高知県香美市は、やなせたかし、はらたいらをはじめ、多くの漫画家にゆかりがある漫画の聖地です。
実は、香美市の中心から山に少し入ったところに「ほっと平山」という小学校を改装した宿泊施設があります。その施設は、教室や体育館、運動場など学校の名残が沢山残っているため、全国からコスプレイヤーが訪れるコスプレイヤーの穴場ともいえる場所です。
こういった環境の中、どうやって田舎に人を集めるのか?若者が楽しめるのかを考えた時、漫画の聖地でありコスプレイヤーの穴場でもあるこの香美市でサブカルチャーイベントをしたいと考えました。
今回はみなさんと全国のサブカル好き(特に、アニメ、ゲーム、アイドル)の若者をど田舎に来てもらうためのアイデアを考えたいです。

杉本 憲昭さん

 

イベント詳細

イベント名
さぶみっと!ヨクスル in 高知
開催日時
2018年2月21日(水)19:00~22:00(開場 18:30)
開催場所
BeeStation

;

住所
高知県高知市はりまや町1-5-18
参加人数
30名(先着)
参加費用
3,000円(オードブル/1ドリンク込み)
共催
株式会社イー・エージェンシー / ウェブクリエイターズ高知
締切
2018年2月20日(火)23:59
※先着順となりますので、お早めにお申し込みください。


タイムテーブル

18:30
受付開始
19:00
第1部(90分)プレゼン&ブレスト
20:30
第2部(90分)交流会&アイデア発表
22:00
終了(タイムテーブルは進行具合により変更となる場合があります)

 

;

会場アクセス

共催

株式会社イー・エージェンシー

株式会社イー・エージェンシー

イー・エージェンシーでは地域創生ビジネス支援事業として、創業の地である地元京都に腰を据えた「おかげプロジェクト」と、全国展開で活動する「さぶみっと!ヨクスル」に取り組んでいます。

ウェブクリエイターズ高知

ウェブクリエイターズ高知

ウェブクリエイターズ高知は地元のWebクリエイターのレベルアップを目的としてWeb業界を盛り上げる活動をしています。

さぶみっと!JAPANは
地域を元気にしていきたい

「地域創生」というと、とても大きな言葉に聞こえますが、私たちが目指すのは、地域のみなさんが繋がり、お互いのアイデアやスキルが掛け合わさっていくことで地域が元気になり、成長していく姿です。

地域がよくなるためにこんなことをしたい!というプレゼンターの「実現したい気持ち」と参加者ひとりひとりの「熱意を持ったアイデアとスキル」が地域を元気にしていきます。

地域に100個の事業をつくっていきたいと思っています。主役は地域に住んでるみなさんです。一緒に地域を盛り上げましょう!

 

さぶみっと!ヨクスル in 高知への
お申込みはこちら

 

 

プレゼンターも募集中!

さぶみっと!ヨクスルでは「地元でこんなことをしたい!」「やりたいことを実現するためのアイデアをみんなで考えたい!」という方を募集しています。ぜひあなたの「やりたい気持ち」をカタチにしませんか?以下のボタンを押して応募フォームから気軽にお寄せください。