発達障害の理解を広めるために大阪をアオクスル【一般社団法人みがく 建山 和徳さん】

2016年7月21日(木)大阪でさぶみっと!ヨクスル「大阪が盛り上がるためにWebのチカラで全力応援しようぜ!」が開催されました。

さぶみっと!ヨクスルは、全国各地で開催し、地域がよくなるためにやりたいことがある人をみんなで全力応援して地域を盛り上げるイベントです。
今回プレゼンターとして登壇いただいた建山さんは大阪のWeb制作会社ウェブレイスの代表のかたわら、発達障害の社会的認知を向上させるために一般社団法人みがくの代表理事をされています。

「さぶみっと!ヨクスル in 大阪」にて、プレゼンターとして登壇いただいての感想をお聞きしました。

発達障害を正しく理解し、知ってもらうための手段として大阪の街を青くしたい

──今回はどのようなテーマでプレゼンを行ったのですか?

たくさんの人に発達障害を知ってもらい、働きやすい社会をつくるために大阪の街を「アオクスル」という内容です。発達障害にまつわる現状は厳しいもので雇用先が不足していたり、職業選択の幅が狭かったり、何より発達障害者手帳が存在しないので、知的障害や精神障害と混同し、正しい支援を受けることができていないこともあります。

これらのベースには認知・理解不足があり発達障害を正しく理解し、知ってもらうための手段として大阪の街を青くしたいと思いました。

──大阪の街を青くしたいというのはどういうことでしょうか?

毎年4月に国連が定めた「自閉症啓発デー」と厚生労働省が定めた「発達障害啓発週間」がありまして、このとき世界中のランドマークがブルーにライトアップされます。世界147カ国以上青くなり、日本も青くなるのですが知名度が低く、話題になることはほとんどありません。

発達障害を知ってもらい、来年4月はもっと青くなるように、まずは大阪の街を青くするイベントをやりたいと思いました。そして大阪から全国へ拡がったらと思い、その青くするアイデアをみなさんと考えたいと思いました。

20分間で86個のアイデアが出ました

──みなさんでブレストをしてみていかがでしたか?

7名の方がブレストに参加してくれまして20分間で86個ものアイデアが出ました。みなさんヒートアップしてとにかくとても盛り上がりました。

──86個はすごいですね。どのようなアイデアが出ましたか?

たくさんありすぎて一部の紹介になりますが(笑)「串かつのソースを青くする」「甲子園のジェット風船を全部青くする」「戦隊物のブルーを主役にする」「電車の中吊り広告を全部青くする」「新喜劇の出演者に青い衣装を着てもらう」「郵便ポストを青くする」「青い服を着てボランティアをする」「青い服しか売っていない服屋」などなど、ありとあらゆるものを青くするアイデアが出ました。半分以上は実現不可能ですが(笑)

──その中で最終的に選んだアイデアは何ですか?

「青バル」というものです。屋台などが出店しているバルのイベントを青くしたいというもので、イベントを青くするのはもちろん、青いものを身につけたり、名前が青木や青山など、青にまつわる人には割引が受けられるなどをして、青くするイベントをしたいです。

──いいイベントですね。まずはどのように進めますか?

今回のプロジェクトにメンバーとして手伝ってくれる方が11名いらっしゃったので、Facebookとチャットワークのグループを作り、まずはみなさんと集まりたいと思います。また、11月に大阪市内でイベントがありまして、そこでも何かしらアオクスルプロジェクトをやりたいなと思っています。

──ぜひ実現に向けて進めていってください。最後にさぶみっと!ヨクスルへのメッセージをお願いします。

さぶみっと!ヨクスルはとても楽しいイベントです。もっとたくさんの人に知ってもらいたいです。そして今回のアオクスルプロジェクトの原点はさぶみっと!ヨクスルから始まったといえるように、私たちもプロジェクトを頑張っていきますので応援よろしくお願いします。

──建山さん、ありがとうございました!

当日のプレゼンの様子

 

<あなたもプレゼンターになりませんか?>

さぶみっと!ヨクスルでは「地元でこんなことをしたい!」「やりたいことを実現するためのアイデアをみんなで考えたい!」という方を募集しています。ぜひあなたの「やりたい気持ち」をカタチにしませんか?以下のフォームから気軽にお寄せください。

地元であなたがやりたいことをお寄せください!

高松が盛り上がるために
Webのチカラで全力応援しようぜ!
さぶみっと!ヨクスル



2016年8月30日(火)に高松で「高松が盛り上がるためにWebのチカラで全力応援しようぜ!」を開催します。
このイベントは「セミナー / ブレスト / 交流会」の3部構成で高松でやりたいことがある人をみなさんで全力応援するイベントです。
高松でこんなことがしたい!こんなことを広めたい!こんなことに困っている!などなど、高松を盛り上げるために集まり、実現するためのアイデアをみんなで考えませんか?
Web業界の方はもちろん、地域を盛り上げたいと思っている地元企業や学生や行政の方など、幅広い皆さんで高松をヨクスルためのアイデアを考えましょう!


お申し込みは終了いたしました。

イベントの流れ

イベントの流れイメージ

─── プレゼンター紹介 ───

プレゼンターさんの情報を追加しました!(8月18日更新)

プレゼンターとしてご登壇いただく3名が決まりました!
今回は3名の方に登壇いただき以下のテーマを5分で発表していただきます。参加者のみなさんはそれぞれの発表を聞いて、どのテーマについてディスカッションをしたいかグループに分かれ、20分間でアイデアをひたすら出していきます。(アイデアの目標数は100個!)みなさん、ぜひご参加ください!

「TSUKURU」&「SETOUCHI TSUKURU PITCH」つくる人のコミュニティづくり

 
秋吉直樹さん(香川県地域おこし協力隊コーディネーター)
 

ごちゃまぜアートイベントに150人 集客したい!

 
三好照恵さん(ペアレントサポート「はぴまま企画」代表)
 

無理のない地域づくりがしたい〜地域.zin増殖計画〜

 
四軒家啓介さん(あい介護サービス/三谷まちづくりワークショップメンバー)
 

イベント名
高松が盛り上がるためにWebのチカラで全力応援しようぜ!
開催日時
2016年8月30日(火)16:30~21:30(開場 16:00)
開催場所
レクザムホール(香川県県民ホール)小ホール棟 4階「大会議室」
アクセス
香川県高松市玉藻町9-10 JR高松駅より徒歩8分
参加人数
40名(先着)
参加費用
無料
※入場チケットは下記のQRコードからダウンロードしたアプリ(ヨクスル JAPAN)内のクーポン提示です。
※ダウンロードのうえ受付にてご提示ください。

  • iOS_marianaocean

  • android_marianaocean
    Get it on Google Play

主催
株式会社イー・エージェンシー
協賛
  • 株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ
  • ソフトバンク コマース&サービス株式会社
  • 株式会社フューチャースピリッツ

締切
2016年8月29日(月)23:59
※先着順となりますので、早めにお申し込みください。

─── タイムテーブル ───

16:00
受付開始
16:30
第1部(110分)

セミナーで事例を知ろう!

第1部のセミナーでは、九州・宮崎県のアラタナさんと、京都の弊社(イー・エージェンシー)の2つのセッションをお届けします。地方の制作会社が地方ならではの課題をにどのように取り組んでいるのかお話しいただきます。

  • 【 session 1 】
    宮崎で1,000人雇用を!アラタナが目指す地方での働き方とビジネスモデル

    株式会社アラタナ 揚松 晴也
    宮崎県発ベンチャーのアラタナ。創業9年目で社員120名。現在は東証一部上場会社のグループ会社となっています。「陸の孤島宮崎」という立地的に不利な状況の中、全国の顧客を相手に成長してきたアラタナ。ここまでの成長を遂げるには様々な苦難がありました。 創業期、成長期、熟成期という目線で苦労したこと、それをどのような形でクリアしてきたのか?という”リアルな現場の部分”をお話させていただきます。

  • 【 session 2 】
    地域と繋がる、地域を繋げる」京都のWeb制作会社としての取り組み

    株式会社イー・エージェンシー 千田 哲也
    弊社は京都創業のWeb制作会社です。京都という地域でビジネスを展開していくにあたり単価の違いや求められるスキルの違いなど多くの課題を感じることがありました。 しかし地域固有の「個性」と向き合い、新しい価値を作る。そんな事を目標に、京都の老舗様や行政との新しい取り組みを始めています。 まだ始まったばかりの取り組みですが、単純な制作の枠を超えて、インターネットでできる事はなにか、インターネットに求められる事は何かを考えます。

その他、スポンサードセッションとして協賛企業から各社のご紹介をさせていただきます。

18:20
休憩
18:30
第2部(90分)

ヨクスルでアイデアを出し合おう!

第2部「ヨクスル」では、地元の方がプレゼンターとなり地元でこんなことがやりたい!こんなことを広めたい!こんなことを知ってもらいたい!などを発表してもらいます。その発表をもとに参加者のみなさんで5~6名のグループに分かれてアイデア出しを行います。
プレゼンは2~3つほどを予定しています。Web制作者ならではのWebやITを軸としたアイデアでもよいですし、こんなコラボができるんじゃないか?このような取り組みをやってみたら?など、多岐にわたる多くのアイデアをブレスト形式で出していきます。
※ブレスト=ブレインストーミングの略。集団でアイデアを出し合うことによって相互交錯の連鎖反応や発想の誘発を期待する技法である。(wikipediaより)

20:00
第3部(90分)

交流会でアウトプットしよう!

第3部の「交流会」では、ブレストで出てきたアイデアを発表していきます。もしかしたらそのアイデアがきっかけとなり賛同したメンバーが集まり実際のプロジェクトが立ち上がっていったりするかもしれません。
交流会の後半では、参加者さん同士のざっくばらんな情報交換だったり意見交換だったりをしていただき、みなさんの親睦を深めていっていいただけましたらと思っています。

21:30
終了(タイムテーブルは進行具合により変更となる場合があります)

─── 登壇者紹介 ───

揚松 晴也

株式会社アラタナ
ECマーケティング事業本部 カゴラボ事業部

国際航空専門学校卒業後、航空会社に入社、飛行機、ヘリコプターの整備に従事。退職後、関東の会席料理店にて板前、店長を務める。その後、組織人事コンサルティングファームに入社。営業及び経営者向けのセミナーなどを担当。アラタナに入社後は、EC構築のプランナーや、ECコンサルとして100社以上のECサイト構築や売上向上へのアドバイス、運営者向けのセミナーへの登壇を務める。

千田 哲也

株式会社イー・エージェンシー
京都ソリューション部 リーダー プロデューサー

SE(システムエンジニア)、SP(セールスプロモーション)ディレクターの経験を経て、2012年に株式会社イー・エージェンシーに入社。入社後は大手総合広告代理店に出向し、大手企業を含む多くのWEBソリューション案件に携わる。
現在は地元滋賀県米原市へ引っ越し、地元地域活動を含め、京都事業部の新しい収益モデルを構築中。

─── 会場アクセス ───

  • 香川県高松市レクザムホール(香川県県民ホール)
  • 香川県高松市玉藻町9-10 (Googleマップで開く)
  • JR高松駅より徒歩8分

スポンサー

KDDIウェブコミュニケーションズ

ICTソリューション提供による中小事業者様のビジネス支援をミッションに、レンタルサーバー「CPI」、クラウドサービス「CloudCore」、ホームページ作成サービス「Jimdo」、クラウド電話API「Twilio」をご提供しています。

ソフトバンクコマース&サービス

クラウドツールを活用したWEBマーケティングをはじめませんか。ソフトバンクC&Sでは、新たなビジネスを創り出す・提案の幅が広がる・制作に役立つ最新型のクラウドツールを多数取り揃えております。必要なアイテムを、必要な期間だけのつまみ食いOKです。ぜひご活用ください!

フューチャースピリッツ

創業20年、サーバーホスティングサービスを中心に、メールフォーム・会員管理のクラウドサービスをはじめ、Webサイト制作やWebアプリ開発、スマートフォンアプリ開発サービスを提供。お客様のビジネスを成功へと導きます。


さぶみっと!JAPANは
地域を元気にしていきたい

その地域だからこそできる働き方や地域の人々とのつながりがあります。さぶみっと!JAPANではイベントを通じて「Web制作者をはじめみなさまの地域がより元気になれるお手伝いをしていきたい。」という思いでイベントを展開していきます。

「さぶみっと!地域応援イベント」では、Webのテクノロジーと地域の特性を掛け合わせた成功事例やノウハウをつないでいきながら、実際の課題をみなさまで持ち寄りそれを解決するきっかけの場にしていきたいと考えています。

このような取り組みが少しでもみなさまのお役に立てますととてもうれしく思います。

プレゼンターも募集中!

さぶみっと!ヨクスルでは「地元でこんなことをしたい!」「やりたいことを実現するためのアイデアをみんなで考えたい!」という方を募集しています。ぜひあなたの「やりたい気持ち」をカタチにしませんか?以下のボタンを押して応募フォームから気軽にお寄せください。

エコ交通を広めたい【豊田市役所 交通政策課 津川さん 】

2016年6月30日(木)名古屋で さぶみっと!ヨクスル 「名古屋が盛り上がるためにWebのチカラで全力応援しようぜ!」が開催されました。

さぶみっと!ヨクスルは、全国各地で開催し、地域がよくなるためにやりたいことがある人をみんなで全力応援するイベントです。

今回プレゼンターとして登壇いただいた津川さん(ご本人のお申し出により仮名)は豊田市役所の交通政策課で次世代自動車やエコ交通の普及促進を行っています。

「さぶみっと!ヨクスル in 名古屋」にて、プレゼンターとして登壇いただいての感想をお聞きしました。

IMG_8933(1)

目的と状況に応じて 移動手段をうまく使い分ける人を増やしていきたい

──今回はどのような内容でプレゼンを行ったのですか?

「エコ交通を広めたい」というテーマでプレゼンを行いました。豊田市はイメージ通り自動車の街でして、中京都市圏と比べて車移動する人が多く、交通渋滞が慢性的に発生していたり交通事故死も愛知県内でワースト5に入っているというよろしくない状況があります。自動車に偏りすぎず、目的と状況に応じて 移動手段をうまく使い分ける人を増やしていきたいと思いエコ交通を広めたいというテーマを選びました。

──エコ交通とは具体的にどのようなものでしょうか?

徒歩や自転車で移動する、 公共交通で移動する、 相乗りや外出の用事を一度で済ませる、 エコカーに乗り換える などがあります。環境保全の意味合いが強いですが、エコ交通が広まることで渋滞の緩和や健康促進にもつながります。

IMG_8937(1)

バス移動が楽しくなる、 乗りたくなるにはどうしたらいいか?

──プレゼンをしてみなさんからいくつくらいアイデアが出ましたか?

エコ交通を実現するいくつかの手段のうち、今回は「バス移動が楽しくなる、 乗りたくなるにはどうしたらいいか?」というテーマに絞りアイデアを募りました。アイデアの数としては30〜40個くらいでました。

──どのようなアイデアがありましたか?

「GPSでどこを走っているのかがスマホでわかり好きな場所で乗ることができるバス」とか「予約席制度」とか「バスの中でランチを食べられるランチバス」など、実現できるできないに関わらずいろいろなアイデアを出していただきました。

──ユニークなものはありましたか?

バスに乗った時にくじができて「あたり」がでると景品がもらえるとか、男女が出会うことができる相席バスというのもありました(笑)

IMG_8960

高齢者の方にお孫さんと一緒にバスに乗ってもらう

──最終的に選んだアイデアを教えて下さい。

「高齢者バス乗りキャンペーン」というものです。高齢者の方とお孫さんが一緒にペアで乗ってもらうとポイントや特典がつくというものです。

──高齢者さんを対象とした理由はありますか?

冒頭でも交通事故死のお話しをしましたが、とくに高齢者の方の死亡事故が増加しています。車での移動に慣れているので公共交通を利用することに抵抗があるのかもしれません。

まずは「乗ってもらうことに慣れる」という目的で、このキャンペーンを通じてお孫さんから「おじいちゃん、一緒にバスに乗ろうよ!」というきっかけをもとにバスの乗り方やよさを知ってもらえるのではないかと考えました。

──まずはどのようなことから始めますか?

このプロジェクトに参加、協力いただけるという方が6〜7名いらしてくれたので、まずはその方たちとつながりを持つために再度集まりたいです。うまくプロジェクトが進行して実現していけると素晴らしいなと思っています。

IMG_9028(1)

さぶみっと!ヨクスルを豊田市でも開催していただきたいです

──最後にさぶみっと!ヨクスルへのメッセージがあればお願いします。

普段何気なく過ごしている地域に対して、地域の課題や価値はたくさんあるかと思います。それがひとりだと気づかないが、このような場でたくさんの人と話すことでアイデアも出ますし、異業種の人が集まれば化学変化もおきるので今後とも継続していただけるとよいかと思います。
また、今回は名古屋での開催でしたが豊田市でも開催していただけるとうれしいです。(笑)

──ありがとうございました!

 

<進捗はさぶみっと!ヨクスルのアプリをご覧ください>

当プロジェクトの進捗はさぶみっと!ヨクスルのアプリ「ヨクスル JAPAN」でご覧いただくことができます。このプロジェクトを応援したり、プロジェクトメンバーとして参加することもできますのでぜひ以下よりダウンロードしてみてください。

iPhone版ダウンロードはこちら

Android版ダウンロードはこちら

 

<あなたもプレゼンターになりませんか?>

さぶみっと!ヨクスルでは「地元でこんなことをしたい!」「やりたいことを実現するためのアイデアをみんなで考えたい!」という方を募集しています。ぜひあなたの「やりたい気持ち」をカタチにしませんか?以下のフォームから気軽にお寄せください。

地元であなたがやりたいことをお寄せください!

 

名古屋の忙しいママパパを応援したい!【株式会社ディーグリーン 越智はるかさん】

2016年6月30日(木)名古屋で さぶみっと!ヨクスル 「名古屋が盛り上がるためにWebのチカラで全力応援しようぜ!」が開催されました。

さぶみっと!ヨクスルは、全国各地で開催し、地元でやりたいことがある人を地元のみなさんで全力応援するイベントです。

今回プレゼンターとして登壇していただいた越智さんは三重県のWeb制作会社で「mogcook」というサービスの運営に携わり、栄養価の高いお魚を離乳食に加工して販売しています。

「さぶみっと!ヨクスル in 名古屋」において、プレゼンターとして登壇していただいての感想をお聞きしました。

13633456_10154211371642347_398440460_o

魚離れが進んでいることに不安を感じていました

──今回はどのようなテーマでプレゼンを行ったのですか?

「もっと気軽におさかな料理を! 名古屋の忙しいママパパを応援したい! 」というテーマでプレゼンを行いました。

お魚は非常に栄養価が高いのですが、近年は魚介類摂取量が肉類を下回っているという厚生労働省のデータもあり、お魚離れが進んでいることに不安を感じていました。

──魚離れが進んでいる理由はなんでしょうか?

お魚を食べたいというニーズはあるものの、お魚の下処理が面倒だったり、お料理するのが大変というのもあります。しかし、それらの背景には地域の子育てをめぐる状況がありました。

── 子育てをめぐる状況とはどのようなものですか?

愛知県は保育士の数が少なく、乳幼児人口1万人あたりの保育士数が334人と、全国44位という少なさです。名古屋市だけでいうとさらに少ない324人というデータがあります。この地域で働いているママパパにとってそのようなサポート体制が不足しているため、なかなか家事に時間を割きづらくなっています。

そこで今回「もっと気軽におさかな料理を! 名古屋の忙しいママパパを応援したい! 」というテーマを選びました。

IMG_8950

食べる大切さをどのように伝えるかをみんなで考えました

──ブレストをしてみていかがでしたか?

私のプレゼンを聞いていただきブレストには10名くらいの方が参加していただきました。参加者には経営者の方も多く、この課題に対するアイデアのほか私が運営するサービスについても具体的な意見を言っていただいたりと非常にありがたかったです。

──どのようなアイデアが出ましたか?

「食べる大切さを伝える」ということを中心に、たとえば魚を食べる習慣を意識付けるために、幼稚園や保育園にプロモーションをかけるといったものや、お魚料理の面倒なイメージを払拭するといったものがあがりました。

あとは、伝え方として文字や写真などで見せるのではなく動画を中心に見せていくのがいいのではないかという意見が多かったです。

IMG_8980

まずは短い時間のコマーシャル動画をつくりたい

──最終的に選んだアイデアを教えて下さい。

ストーリー仕立てで動画コンテンツを作るというものです。ストーリーというと長編のイメージもありますが、まずは短い時間で食育のコマーシャルなどからできればと思います。

──イベントをきっかけにどのように進めていきますか?

参加者の中にデザイン会社で動画コンテンツを作ってる方がいらっしゃったり、このプロジェクトに参加してくださる方が10名ほどいらしてくれたので、まずはその方たちと相談をしながら進めていきたいと思います。

IMG_9039

「さぶみっと!ヨクスル」は市民が考えるきっかけとなる

──最後に「さぶみっと!ヨクスル」に参加されての感想があればお聞かせください。

名古屋にいるWebのクリエイターさんたちとつながりができたのはとても大きかったですし、専門的な話しができたのも有意義でした。「さぶみっと!ヨクスル」のようなイベントがあれば、市民が自ら考えるきっかけとなり、考える機会も増えるので今後も継続して開催していただけますとうれしいです。

──越智さん、ありがとうございました!

 

<進捗はさぶみっと!ヨクスルのアプリをご覧ください>

当プロジェクトの進捗はさぶみっと!ヨクスルのアプリ「ヨクスル JAPAN」でご覧いただくことができます。このプロジェクトを応援したり、プロジェクトメンバーとして参加することもできますのでぜひ以下よりダウンロードしてみてください。

iPhone版ダウンロードはこちら

Android版ダウンロードはこちら

 

<あなたもプレゼンターになりませんか?>

さぶみっと!ヨクスルでは「地元でこんなことをしたい!」「やりたいことを実現するためのアイデアをみんなで考えたい!」という方を募集しています。ぜひあなたの「やりたい気持ち」をカタチにしませんか?以下のフォームから気軽にお寄せください。

地元であなたがやりたいことをお寄せください!

 

豊田の魅力を発信する「とよたプロモ部」を広めたい!【こいけやクリエイト 西村 新さん】

2016年6月30日(木)名古屋で さぶみっと!ヨクスル 「名古屋が盛り上がるためにWebのチカラで全力応援しようぜ!」が開催されました。

さぶみっと!ヨクスルは、全国6都市で開催し、地元でやりたいことがある人を地元のみなさんで全力で応援するイベントです。

今回プレゼンターとして登壇していただいた西村さんは愛知県豊田市でデザイン事務所「こいけやクリエイト」の代表として働いています。

「さぶみっと!ヨクスル in 名古屋」において、プレゼンターとして登壇していただいての感想をお聞きしました。

写真 2016-07-01 14 52 01

豊田の魅力を市民が伝える「とよたプロモ部」を広めたい

───今回はどのようなテーマでプレゼンを行ったのですか?

豊田市の魅力を市民の目線で伝える団体「とよたプロモ部」を今年の6月に立ち上げました。「とよたプロモ部」は市民主体で市内外に情報を発信し、地域の魅力を広めることを目的にした団体でして、今回はこの「とよたプロモ部」の認知を広めるアイデアをみなさんと考えたいと思いました。

───なぜ「とよたプロモ部」を立ち上げたいと思ったのですか?

私は生まれも育ちも豊田市なのですが、自動車産業の陰に隠れて豊田の魅力が対内外的に認知されていない感じていました。

市民が自主的に豊田の魅力を発信することで、みんなが自分のまちに誇りを持ち新たな地域資源や観光資源を創出することができると思っています。そのようなきっかけづくりとして「とよたプロモ部」を発足することにしました。

IMG_8924

豊田市限定のIngressや動画を配信するといったアイデアがでました。

───プレゼンをしてどのようなアイデアが出ましたか?

みなさん、活発にいろいろとアイデアを出していただきまして、豊田のイケメンを集めてヒーローにするとか、テーマソングをつくるとか、フェスを開催するといったポップなものから、豊田市限定のIngressをやるとかYouTubeで動画を配信するといったWebを絡めたものも出ました。

あとは北九州の方でヨガをしながらゴミ拾いをする「ゴミ拾いヨーガ」という活動があるらしく、そのような社会貢献とからめることでメディアにも取り上げられるのではないかというアイデアもおもしろかったです。

ゴミ拾いヨーガの様子

IMG_8969

───最終的に選んだアイデアはどのようなものでしょうか?

「とよたハッシュタグ」というものでして、豊田の魅力に気軽に触れてもらうためにハッシュタグをつけて投稿しようというものです。それらの投稿をWebサイトに集約してランキングをつけたり、SNSでの拡散などをしていきたいと思います。

───まずはどのようなことから始める予定ですか?

この「とよたハッシュタグ」プロジェクトに参加したいとおっしゃってくれた方が何名かいらっしゃったので、まずはその方々と集まり次の展開を考えていきたいと思っています。

当初は市民だけをメンバーにすることを考えていましたが、市民では気づかない魅力を外部から支援してくれるサポーターがいれば、新たな気づきもあると思いました。

まずはみなさんに豊田に来ていただき、この地域の魅力に触れていただきたいと思っています。

───西村さん、ありがとうございました!

IMG_9017

進捗はさぶみっと!ヨクスルのアプリをご覧ください

当プロジェクトの進捗はさぶみっと!ヨクスルのアプリ「ヨクスル JAPAN」でご覧いただくことができます。このプロジェクトを応援したり、プロジェクトメンバーとして参加することもできますのでぜひ以下よりダウンロードしてみてください。

iPhone版ダウンロードはこちら

Android版ダウンロードはこちら

あなたもプレゼンターになりませんか?

さぶみっと!ヨクスルでは「地元でこんなことをしたい!」「やりたいことを実現するためのアイデアをみんなで考えたい!」という方を募集しています。ぜひあなたの「やりたい気持ち」をカタチにしませんか?以下のフォームから気軽にお寄せください。

地元であなたがやりたいことをお寄せください!

 

新潟県の五泉高校で代表の甲斐が授業を行いました。

さぶみっと!JAPANの五十嵐です。

6月28日(火)新潟県五泉市の五泉高校で弊社代表の甲斐が授業を行いました。

新潟県五泉市は新潟市の南側、在来線で1時間ほどの場所にある人口5万人ほどの町です。
五泉市の観光情報を発信している「五泉のたから」というアプリを弊社でご支援しているご縁で今回、五泉高校で授業を開催させていただくことになりました。

写真 2016-06-28 14 29 37

写真 2016-06-28 14 29 20

地域の魅力を再発見して発信すること

五泉高校ではもともとビジネスマーケティングの授業があり、マーケティングに興味の高い生徒さんも多いようです。

今回はマーケティングの観点から、地域の人たちがいかに地域の魅力を再発見して発信していくことができるか、地域のみなさんのエネルギーこそが地域を活性化していくというお話しをさせていただきました。

写真 2016-06-28 13 18 12

写真 2016-06-28 13 19 29

「さぶみっと!ヨクスル in 五泉」の開催も

授業には五泉市観光課の方々や伊藤市長にもお越しいただき、現在私たちが行っている「さぶみっと!ヨクスル」の取り組みにも興味を持っていただきました。五泉市でも「さぶみっと!ヨクスル」を開催してほしいという打診もいただいたのでぜひ近いうちにやりたいです。

写真 2016-06-28 13 59 19

五泉市との取り組みや「さぶみっと!ヨクスル」を通じて、弊社では地域の中から地域が元気になるご支援をしてまいります。