WordPressでソースコードをそのまま綺麗に表示させるプラグイン WP-Syntax

技術系のブログなどで、ソースコードやコマンドを表示させる時、かっこよく綺麗に表示させたいですよね?そんな時に便利なプラグインをご紹介します。

その名は

 

WP-Syntax

 

このプラグインを使うと、こんな感じに綺麗にソースコードを表示できます。

WP-Syntaxの使い方

使い方はいたって簡単。


ソースコード

で表示したいコードを挟めばOKです。

もちろん改行もそのまま反映されます。

phpとなっていますが、どんなソースコードでもだいたいこのままで大丈夫です。

対応言語

abap, actionscript, actionscript3, ada, apache, applescript, apt_sources, asm, asp, autoit, avisynth, bash, bf, bibtex, blitzbasic, bnf, boo, c, c_mac, caddcl, cadlisp, cil, cfdg, cfm, cmake, cobol, cpp-qt, cppcsharpcss, d, dcs, delphi, diff, div, dos, dot, eiffel, email, erlang, fo, fortran, freebasic, genero, gettext, glsl, gml, bnuplot, groovy, haskell, hq9plus, html4strict, idl, ini, inno, intercal, io, javajava5javascript, kixtart, klonec, klonecpp, latex, lisp, locobasic, lolcode lotusformulas, lotusscript, lscript, lsl2, lua, m68k, make, matlab, mirc, modula3, mpasm, mxml, mysql, nsis, oberon2, objc, ocaml-brief, ocaml, oobas, oracle11, oracle8, pascal, per, pic16, pixelbender, perl, php-brief, php, plsql, povray, powershell, progress, prolog, properties, providex, python, qbasic, rails, rebol, reg, robots, ruby, sas, scala, scheme, scilab, sdlbasic, smalltalk, smarty, sql, tcl, teraterm, text, thinbasic, tsql, typoscript, vbvbnet, verilog, vhdl, vim, visualfoxpro, visualprolog, whitespace, whois, winbatch, xml, xorg_conf, xpp, z80

 

皆さんもこれで見やすいコードをどんどん書いて教えてください!

WordPressのユーザ権限毎の出来る事まとめと、権限を詳細に設定するプラグイン

今回はWordpressのユーザー権限毎にどんなことが出来るのか、

権限の内容を見ていきたいと思います。

また、複数人でサイトを運営する場合などに、更に細かく権限の内容を設定できるプラグインを紹介します。

権限の変更方法

各権限で出来る事

管理者 Administrator
・全て

 

編集者 Editor
・記事投稿
・ページ作成
・記事管理
・ページ管理
・アップロード管理
・カテゴリー管理
・コメント管理
・リンク管理(追加、インポート)
・プロフィール変更

 

投稿者 Author
・記事投稿
・記事管理
・コメント管理
・アップロード管理
・プロフィール変更

 

寄稿者 Contributor
・記事投稿(公開権限なし)
・記事管理(公開承認後は変更できません)
・プロフィール変更

 

購読者 Subscriber
・プロフィール変更

 

User Role Editorを使って、権限の内容を細かく設定しよう

User Role Editorというプラグインを使えば、ユーザー毎に、出来る事を設定できます。

これで、管理が楽になりますね!

あなたも試してみてはどうですか?

 

参照元:http://www.bizmemowp.com/wordpress-biz147

htopを使ってサーバのプロセスの状態を詳しく見る方法

htopはtopコマンドの機能強化版です。

普段使っているtopでは見れない情報も見れたりするのでお奨めです。

テキストモードのアプリケーションで情報を色分けして表示したり、プロセスの優先度を変更したり出来ます。

インストールしてみよう

▼CentOS 5の場合

yumを使ってインストールします

# yum --enablerepo=epel install htop

※epelレポジトリがインストールされていない場合は、インストールをする必要があります。

 

32bit OSの場合

# sudo rpm -Uhv http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm

 

64bit OSの場合

# sudo rpm -Uhv http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpm

 

Ubuntuの場合

# apt-get install htop

 

起動方法

コマンドからhtopを起動します

# htop

 

主な使い方

※ターミナルでPoderosaを使っている場合は、Enter の所をShift+Enterとする必要があります。

 

矢印キー

表示をキーボードの矢印キーで左右上下にスクロールすることが出来ます。
これにより今までtopコマンドで確認できなかった所まで確認する事が出来ます。

 

q : htopを終了またはリターン

 

F1 : ヘルプの表示
キーボードショートカットの一覧を表示します。

 

F2 : 各種設定
見た目や項目を設定できます。

 

F4 : 表示順位の反転

 

F3 : プロセスの検索

 

F5 : ツリー表示
ツリー表示/非表示を切り替えて親子関係にあるプロセスを確認できます。

 

F6 : 並び替え
好きな項目で並び替えが出来ます。
F6を押してからキーボードの↑↓でソートしたい項目を選択して、Enterで決定します。

 

F7とF8 : Nice値の変更
プロセスの優先度を変更できます
キーボードの↑↓キーでプロセスを選んでF7を押すとNice値を1減らします、F8を押すとNice値を1増やします。
優先度は-20~19まで設定可能で、値が小さいほどプロセスが優先的に実行されます。

※rootユーザのみ設定可能

 

F9 : プロセスのkill
キーボードの↑↓キーでプロセスを選んでF9を押して、Enterで決定します。

※rootユーザのみ設定可能

 

u : ユーザを選択
uを押してからキーボードの↑↓で表示したいユーザを選択して、Enterで決定します。

 

インストールが楽なのがすごくいいですね!

WordPressの管理画面をシンプルにカスタマイズして誰でも更新できるようにしよう

WordPressの管理画面て、項目が多すぎて、結構雑然としていますよね。

記事を更新するだけなら最低限の項目だけ表示されていれば良いのに と思ったことはありませんか?

また、知識のないクライアントさんに、できるだけシンプルなインターフェイスで渡したいという状況は多々あるかと思います。

そこで、今日はWordpressの管理画面をすっきりシンプルにカスタマイズして、誰でも記事の更新ができるようにする方法を紹介します!

 

ユーザーの権限を投稿者に設定し、投稿する以外の項目をなるべく排除してシンプルに。

 

ユーザーの権限を変えることで、左サイドのメニュー項目をシンプルに変えることができます。

ユーザの権限を投稿者に設定すれば、メニュー項目をかなりスッキリさせる事ができます。

 

「表示オプション」を調整して、ワンカラムのシンプルな管理画面に!

ユーザーの権限を変えただけでも結構シンプルになったと思いますが、ダッシュボードや、記事の新規投稿画面は、初めての人が使うにはちょっと項目が多くて迷ってしまいますね。

なので、管理画面上部の「表示オプション」を押して、いらない項目はがんがんチェックを外してしまいましょう。

チェックを外して、列の数も1

結果、かなりシンプルなダッシュボードになってきました!

 

記事の新規追加画面も同じように「表示オプション」からシンプルにしましょう。

 

シンプルいいね!

Everyone like Simple !!

企業サイトで最低限入れておきたいGoogle+の導入方法

あなたの企業サイトはGoogle+に最適化していますか?

最近は検索結果にもGoogle+ボタンが影響するらしい。

こんな話を耳にしませんか?

Google+に対応するにはどうやっていいのかわからない方って多いと思います。

そこで対応方法をまとめます。

1.Google+ページを作りましょう。

2.Google+ページのサークルに入れてもらうためのウィジェットを作りましょう。

3.Google+ボタンを設置しましょう。

 

この三つについて簡単に説明します。

それぞれの作成の為のurlは、一番下にあるのでそちらを参照してみてください。

Google+ページの作り方

(1) Google+ ページ

個人のGoogle+にログインし、ページの管理を押します。

このような画面がでてくるので、ページを作成を押して作ればOKです。

まずは、Google+ページを作成しないと始まりません。
作成時には、あなたが現在作成しているサイトのURLを入れてください。

検索データ上にも反映されるので必ずいれてください。
もしあなたのサイトのURLがないのであれば、
サイトが作成してからでも良いと思います。

Google+ページのサークルに入れてもらうためのウィジェットの作り方

Link your Google+ page to your site - Google+ Platform — Google Developers

先ほど作成したGoogle+のページのurlを確認してください。

さぶみっとの場合は、こちらがurlになります。

https://plus.google.com/103750908089194367180/

この数字の部分を入れてください。

グーグルのドメイン以下の数字をこの画面に入れてウィジェットを作成してください。

Google+ボタンの作り方

+1 ボタン

この画面からGoogle+ボタンを作成できます。

こちらも設置したほうが良いです。

なぜGoogle+ボタンとGoogle+ページのサークルウィジェットの二つを入れているのですか?

サークルに入れるより簡単に+を押してもらえるのでこちらも入れておくと良いでしょう。
検索結果でサークルに入れている友達が表示されます。

Google+導入についてまとめ

導入方法はそれほど難しくありません。
検索結果にも影響を及ぼすので、あなたのサイトも対応してみませんか?

 

参考サイト

Google+ボタンの設置タグの場所
http://www.google.com/intl/ja/webmasters/+1/button/index.html

Google+ページの作成の場所
https://plus.google.com/pages/manage

Google+ページのサークルボタンの作成場所
https://developers.google.com/+/plugins/badge/config

【Facebookページの運用ノウハウ】話題にしている人を増やそう!

Facebookページの中に、話題にしている人という項目があります。
あなたのFacebookページの話題にしている人数は何人ですか?

Facebookページをコツコツ更新していても、誰にも見られていないかもしれない?という話です。

Facebookで話題にしている人を増やそう

Facebookページは、いいね!やシェアをすることによって、ユーザがそのページを好んでいるのか好んでいないのかを判断して、あなたのウォールに表示をしています。

2012年現在、Facebookの仕様だとハイライト記事を先に表示するようになっています。

ユーザのハイライト記事に表示されないと、あなたのページはそもそも表示されていない可能性が高いです。

どうすればFacebookページの表示される可能性が高まるのか?

ユーザがFacebookページに対していいね!やシェアをしてもらうことによりハイライトに表示される確立が高まります。

 

Facebookページの表示される可能性が低くなっていませんか?

いいね!やシェアをされない投稿ばかりをしているとどんどん表示がされなくなります。

実際あなたのページがどのくらい見られているのかを確認するには、どうしらたらよいのか?

あなたのページを見て “話題にしています” を押します。
右下にあるグラフに注目してください。

左側の話題にしている人というのは、あなたのFacebookページに対して実際にリアクション(いいね!シェア)をした人です。

右側のクチコミリーチというのが、ユーザがいいね!やシェアしたことによってウォールで見られた数になります。

 

もしこれらのグラフが右下がりであるならば、運用方法の見直しが必要です。

話題にしている人が少なければ少ないほど表示される確立が下がります。

 

Facebookページが表示される可能性を高める為にやるべき事

あなたのFacebookページにいいね!を集めた記事があったならば、その記事と同じような事をまた投稿すれば良いと思います。

注目すべき点は、

1.何時に投稿したのか?
2.どのような内容だったのか?

この二点に注目するべきだと思っています。

 

何時に投稿すべきか?

┗この点については実験を何度も試みることが大切かと思います。

※注意点としては一度の投稿の寿命は3時間だと言われています。
3時間は、様子を見るようにしてください。 連続投稿も嫌われます。

通常は午前中に投稿するのが良いとされていますが、内容によっては夕方の方が良いこともあります。

 

どのような内容だったのか?

あなたのFacebookページにいいね!をした理由はなんですか?

面白い画像を投稿しているからですか?

コミュニケーションが重要ですか?

投稿内容の記事が面白かったのですか?

沢山の人にシェアやいいね!された投稿について考えてみましょう!

そして同じように投稿してみましょう。

 

いろいろ話しましたが何が大事かと言えば、

・いいね!される記事や投稿をする事

・シェアされる価値のある投稿をしましょう。

・あなたのFacebookページの趣旨を把握して投稿しましょう。

 

これらのことを踏まえて、話題にしている人が着実に増えるように投稿していきましょう!

もちろんユーザからのコメントがあれば、積極的にコメントも返しましょうね。

ありがとうの気持ちを忘れずに。

企業サイトのWordPressの更新をし易くさせる為のプラグイン

WordPressで企業サイトを作成したものの、記事を作成するのって大変ですよね?

  • ・文字の色を変更したい!
  • ・文字サイズを変更したい!

 

と言っても、ちょっと文字色を変えたり、文字の大きさを変えたりするのも標準のエディターでやるのは少し大変!

 

普段ブログをやっていた人でも、慣れないインターフェイスだと

 

ここをちょっと文字を大きくしたい!!!

とか

文字を赤くして注目させたい!!!

 

とか、こんな要望が社内から上がってきたときに、htmlエディターをつかって編集すればいいでしょ?って言うのは簡単ですが、普通の人には厳しいです。

 

 

そこで、管理画面からの投稿を編集しやすいようにカスタマイズしました。

通常のWordpress投稿画面では出来ない、文字の大きさの変更や、色の変更

など簡単にすることで、だれでも書けるようになります。

 

そんなこと言っても管理画面の変更なんてphpをいじって修正しないといけないので大変でしょ?

 

いいえ

 

簡単です。

 

こちらのプラグインを入れるだけです。

WordPress › TinyMCE Advanced « WordPress Plugins

http://wordpress.org/extend/plugins/tinymce-advanced/

 

ね?簡単でしょ?

もし企業のサイトをwordpressを使って更新している人で、
他の人にも書いてもらいたい!!って人がいましたら、ぜひ導入してみてください。

 

参考サイト

ネット初心者のバンドメンバーが簡単に更新出来るWordpressのwebサイトを作るためにした事 6個 | A!@attrip

こちらの記事には、他にも動画を挿入しすくする為のプラグインなども紹介してあります。よければ参考にしてみてください。

 

企業サイトで最低限入れておきたいソーシャルに対応する為のwordpressプラグイン

2012年 企業サイトもFacebookに対応する事でより多くの人にシェアしてもらいと思いませんか?スマートフォンユーザが増え、ソーシャルでシェアされる事で沢山の人に見てもらえるチャンスがあります。

 

 

このサイトは、沢山の人に見てもらえるようにするためwordpressでリニューアルしました。

wordpressには、豊富なプラグインという拡張機能があります。

そこで企業のサイトとして最低限入れておきたいwordpressプラグインの紹介です。

最低限この二つを入れておけば、現状のソーシャルには対応できます。

一つ目は、

WP Social Bookmarking Light

http://wordpress.org/extend/plugins/wp-social-bookmarking-light/

このプラグインは、あなたのwordpressで構築したサイトにソーシャルボタンを簡単につけることができるプラグインです。

 

 

このプラグインを使うと

Facebook のいいね!ボタン

Twitterボタン

Google+ボタン

はてなブックマークボタン

Tumblrボタン

 

を簡単に作る事が出来ます。

 

他にもmixiボタンなど他のボタンもありますので、お好みで選んで入れてみてください。

このサイトは、Facebook 、Twitter、Google+、はてなブックマークボタン、Tumblrボタンを導入しています。

 

ボタンを置いただけでは、ちゃんとした対応とはいえない。

次に紹介したいのは、このwordpressプラグインです。
Open Graph Pro

http://wordpress.org/extend/plugins/ogp/

こちらは、OGP対応させる為のプラグインです。

 

OGPについては、こちらの記事がとても判りやすく書いてあります。

フェイスブック、ミクシィ、グリーで使われている OGP (Open Graph Protocol) とは何か – IT戦記

http://d.hatena.ne.jp/amachang/20110117/1295233078

 

OGPの対応がなぜ必要なのか?

FacebookやGoogle+ページにシェアされた際のイメージが良いほうがいいですよね?

最近流行りのFacebookやGoogle+は、このOGPを採用している為、シェアをした際に綺麗に表示されます。

 あなたの書いた記事は、ちゃんとサムネイルがでていますか?

記事の紹介文は、ちゃんと表示されていますか?
動画を紹介したさいには、動画を見れるようになっていますか?

もし対応していないならば、ぜひ入れてみてください。

この二つを入れることで沢山あるソーシャルの対応は終わりです。

簡単でしょ!

競合サイトチェックツールとは

入力したキーワードで上位表示されている競合サイトのタイトル、メタタグを調査できます。 競合他社サイトがどのようなキーワードをターゲットにSEOを行っているのかという傾向を チェックして、自サイトのメタタグ設定やキーワード選定にお役立てください。

競合サイトチェックツール | 無料SEOツールのさぶみっと!JAPAN

 

METAタグ生成ツール メタタグビルダー| さぶみっと!JAPAN